侍従大納言、験者の改請を止むること

[ 侍従大納言、験者の改請を止むること ]

侍従大納言成通卿、そのかみ九歳にて、瘧病みし給ひけり。

年ごろ祈りける某僧都とかやいふ人を呼びて祈らせけれど、

かひなくおこりければ、父の民部卿ことに歎き給ひて、

傍らに添ひゐて見扱ひ給ふ間に、母君と言ひ合はせつつ、

「さりとて、いかがはせむ。このたびは異僧をこそ呼ばめ。

いづれかよかるべき。」などのたまひけるを、

この児臥しながら聞きて、民部卿に聞こえ給ふ。

「なほこのたびは僧都を呼び給へかしと思ふなり。

そのゆゑは、乳母などの申すを聞けば、まだ腹の内なりける時より、

この人を祈りの師と頼みて、生まれて今九つになるまでことゆゑなくて侍るは、ひとへにかの人の徳なり。

それに今日この病によりて口惜しく思はんことのいと不便に侍るなり。

もし異僧を呼び給ひたらば、たとひ落ちたりとも、なほ本意にあらず。

いはんや、必ず落ちんこともかたし。

さりともこれにて死ぬるほどのことは、よも侍らじ。

我を思さば、いくたびもなほこの人を呼び給へ。

つひにはさりとも止みなん。」と、

苦しげなるをためらひつつ聞こえ給ふに、民部卿も母上も、

涙を流しつつあはれに思ひよせたり。

「幼き思ひばかりには劣りてげり。」とて、またのあたり日、

僧都を呼びて、ありのままにこの次第を語り給ふ。

「隠し奉るべきことに侍らず。

御事をおろかに思ふにはあらねども、かれが悩み煩ひ侍る気色を見るに、

心もほれて、思されむことも知らず、しかじかのことを内々に申すを知りて、

この幼き者のかく申し侍るなり。」と、涙を押し拭ひつつ語り給ふに、僧都おろかに思されむやは。

その日、ことに信をいたしき。

泣く泣く祈り給ひければ、きはやかに落ち給ひにけり。

この君は、幼くよりかかる心をもち給ひて、

君に仕うまつり、人に交はるに付けても、ことに触れつつ情け深く、優なる名をとめ給へるなり。

すべていみじきすき人にて、世の濁りに心をそめず、

妹背の間に愛執浅き人なりければ、後世も罪浅くこそ見えけれ。

スワップ金利を利用