TOP ≫ CATEGORY ≫ 徒然草
CATEGORY ≫ 徒然草
       次ページ ≫

 九月二十日のころ (徒然草) 現代語訳

九月二十日のころ(徒然草)

[ 原文 ]

九月二十日のころ、ある人に誘はれ奉りて、

明くるまで月見ありく事侍りしに、

思し出づる所ありて、案内せさせて入り給ひぬ。

荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、

しめやかにうち薫りて、忍びたるけはひ、いとものあはれなり。

よきほどにて出で給ひぬれど、なほ事ざまの優に覚えて、

物の隠れよりしばし見ゐたるに、

妻戸をいま少し押し開けて、月見るけしきなり。

やがてかけこもらしまかば、くちをしからまし。

あとまで見る人ありとは、いかでか知らん。

かやうの事は、ただ朝夕の心づかひによるべし。

その人ほどなく失せにけりと聞き侍りし。


[ 現代語訳 ]

九月二十日のころ、ある人に誘われ申し上げて、

夜が明けまで月を見て歩いたことがございましたが、

思い出された場所があって、取り次ぎさせてお入りになった。

荒れている庭で露がいっぱい降りているところに、

わざわざ焚いたのではない香のかおりが、ほのかにかおっていて、

人目をしのんで住んでいる様子は、とてもしみじみとした情趣がある。

よいころあいに出ておいでになったが、なおもその様子が優雅に思われて、

物陰からしばらく見ていたところ、

出入り口の両開きの戸をもう少し押し開けて、月を見ている様子である。

すぐに掛け金をかけて閉じこもっていたら、さぞかし残念だったであろう。

あとまで見ている人がいるとは、どうして知るだろうか、知らないだろう。

このようなことは、まったく平素の心がけによるものだろう。

その人は間もなく亡くなってしまったと聞きました。



スワップ金利を利用