TOP ≫ CATEGORY ≫ 伊勢物語
CATEGORY ≫ 伊勢物語
       次ページ ≫

 伊勢物語「東下り-都鳥」 口語訳

伊勢物語「東下り-都鳥」

[ 原文 ]

なほゆきゆきて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる河あり。それをすみだ河といふ。

その河のほとりにむれゐて思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかなとわびあへるに、

渡守、「はや舟に乗れ、日も暮れぬ。」といふに、

乗りて渡らんとするに、みな人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。

さるをりしも、白き鳥の嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。

京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。

渡守に問ひければ、「これなん都鳥。」といふを聞きて、

   名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと 
 
とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。


[ 口語訳 ]

さらに先へ先へと行って、武蔵の国と下総の国との中間に、たいへん大きな川がある。

それを隅田川という。その川のほとりに集まり座って思いをはせて、はてしなく遠くまで
来たものだなあとお互いにせつなく思っていると、

渡し舟の船頭が、「はやく舟に乗れ、日も暮れてしまう。」と言うので、

舟に乗って渡ろうとすると、みんなはなんとなく悲しくなって、
都に思う人がいないわけでもない。

ちょうどその時、白い鳥でくちばしと脚とが赤い、鴫くらいの大きさの鳥が、
水の上で泳ぎながら魚を食べている。

都では見かけない鳥なので、みんな知らない。

船頭に尋ねると、「これが都鳥だ。」と言うのを聞いて、

   都という名を持っているならば、さあ尋ねよう、都鳥よ、
   私が思っている人は元気でいるかどうかと。

と詠んだので、舟の中の人は残らず泣いてしまった。


スワップ金利を利用