TOP ≫ CATEGORY ≫ 土佐日記
CATEGORY ≫ 土佐日記
      

 土佐日記「帰京」 口語訳

土佐日記「帰京」

[ 原文 ]

夜ふけて来れば、所々も見えず。京に入り立ちてうれし。

家に至りて、門に入るに、月あかければ、いとよくありさま見ゆ。

聞きしよりもましていふかひなくぞこぼれ破れたる。

家を預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。

中垣こそあれ、ひとつ家のやうなれば、のぞみて預れるなり。

さるは、たよりごとに物もたえず得させたり。

こよひ、「かかること」と声高にものも言はせず。

いとはつらく見ゆれど、志はせむとす。

さて、池めいてくぼまり水つける所あり。ほとりに松もありき。

五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。

いま生ひたるぞまじれる。おほかたのみな荒れにたれば、「あはれ。」とぞ人々言ふ。

思ひいでぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生れし女子の、もろともに帰らねば、
いかがは悲しき。

船人もみな子たかりてののしる。

かかるうちに、なほ悲しきにたへずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、

   生まれしもかへらぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ

とぞ言へる。なほあかずやあらむ、またかくなむ。

   見し人の松のちとせに見ましかば遠く悲しき別れせましや

忘れがたく、くちをしきこと多かれど、えつくさず。とまれかくまれ、とくやりてむ。


[ 口語訳 ]

夜がふけて来たので、あちらもこちらも見えない。都に入ってうれしい。

家に着いて、門に入ると、月が明るいので、たいそうよく様子が見える。

聞いていた以上に言ってもしかたのないほど壊れている。

家を預けていた人の心も荒れているのだった。

仕切りの垣根はあるが、一つの家のようなので、(隣家が)希望して預かったのだ。

それでも、ついでがあるたびに贈り物をいつもあげてきた。

今夜は、「このようなこと。」と大声で言わせたりしない。

とてもひどいと思われるが、お礼はしようと思う。

さて、池のようにくぼんで水のたまっている所がある。ほとりに松もあった。

五年六年の間に、千年も過ぎたのだろうか、一部分はなくなってしまっていた。

新しく生えたのが混じっている。ほとんどすべて荒れてしまっているので、
「ひどい。」と人々が言う。

思い出さないことはなく、恋しく思うことの中で、この家で生まれた女の子が、
いっしょに帰らないので、どんなにか悲しいことだろう。

同船した人たちも皆子どもが寄り集まって大騒ぎしている。

こうした中で、いっそう悲しい思いに堪えられないで、ひそかに気持ちがわかる人と詠んだ歌、

   生まれた子どもは帰って来ないのに、自分の家に小松が生えているのを見るのは
   悲しいことだ。

と詠んだ。まだ満足しないのだろうか、またこのように。

   かわいがっていた子を松のように千年も見ることができたならば、
   永遠の悲しい別れなどしただろうか。

忘れることのできない、心残りなことが多いけれども、書き尽くせない。
とにかく、早く破ってしまおう。



スワップ金利を利用