TOP ≫ CATEGORY ≫ 韓非子
CATEGORY ≫ 韓非子
       次ページ ≫

 侵官之害 現代語訳・書き下し文

侵官之害 (韓非子)

[ 原文 ]

昔者、韓昭侯酔而寝。

典冠者見君之寒也、故加衣於君之上。

覚寝而説、問左右曰、「誰加衣者。」

左右対曰、「典冠。」

君因兼罪典衣与典冠。

其罪典衣、以為失其事也。

其罪典冠、以為越其職也。

非不悪寒也。以為、侵官之害甚於寒。

故明主之蓄臣、臣不得越官而有功、不得陳言而不当。

越官則死、不当則罪。

守業其官、所言者貞也、則群臣不得朋党相為矣。


[ 書き下し文 ]

昔者、韓の昭侯酔ひて寝ねたり。

典冠の者君の寒きを見るや、故に衣を君の上に加ふ。

寝より覚めて説び、左右に問ひて曰はく、

「誰か衣を加ふる者ぞ」と。

左右対へて曰はく、「典冠なり」と。

君因りて典衣と典冠とを兼ね罪せり。

其の典衣を罪せるは、以て其の事を失ふと為せばなり。

其の典冠を罪せるは、以て其の職を越ゆと為せばなり。

寒きを悪まざるに非ざるなり。

以為へらく、官を侵すの害は寒きよりも甚だしと。

故に明主の臣を蓄ふや、臣は官を越えて功有るを得ず、

言を陳べて当たらざるを得ず。

官を越ゆれば則ち死され、当たらざれば則ち罪せらる。

業を其の官に守り、言ふ所の者貞ならば、

則ち群臣朋党し相為すを得ず。


[ 現代語訳 ]

むかし、韓の昭侯が酔って眠ってしまった。

典冠は主君が寒そうなのを見て、衣を主君の上に掛けた。

眠りから覚めて喜び、そばに仕える者に尋ねた、

「誰が衣を掛けたのか」と。

そばに仕える者が言った、「典冠です」と。

そこで、昭侯は典衣と典冠とを二人とも処罰した。

典衣を処罰したのは、その職務を誤ったと考えたからである。

典冠を処罰したのは、その職域を越えたと考えたからである。

寒さを嫌がらないわけではない。

官職を侵す弊害は、寒さよりも重大だと考えたのである。

それゆえ、明主が臣下を召し抱えるとき、

臣下は官職を越えて功績を挙げることができず、

意見を述べてその通りにしないのも許されない。

官職を越えれば死罪となり、その通りにしなければ処罰される。

仕事においてその官職の範囲を遵守し、

言ったことを堅く守っていれば、

群臣は仲間を作り一緒になって害をなすことができない。
スワップ金利を利用