TOP ≫ CATEGORY ≫ 荘子
CATEGORY ≫ 荘子

 胡蝶の夢 現代語訳・書き下し文・原文

胡蝶の夢 現代語訳・書き下し文・原文

[ 原文 ]

昔者莊周夢為胡蝶。栩栩然胡蝶也。

自喻適志與。不知周也。

俄然覺、則蘧蘧然周也。

不知、周之夢為胡蝶與、胡蝶之夢為周與。

周與胡蝶、則必有分矣。此之謂物化。


[ 書き下し文 ]

昔者、荘周夢に胡蝶と為る。栩栩然として胡蝶なり。
むかし、さうしうゆめこてふ。くくぜんとしてこてふなり。 

自ら喻みて志に適へるかな。周たるを知らざるなり。
みづかたのしみてこころざしかなへるかな。しうたるをらざるなり。 

俄然として覚むれば、則ち蘧蘧然として周なり。
がぜんとしてむれば、すなはきょきょぜんとしてしうなり。 

知らず、周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるか。
らず、しうゆめこてふれるか、こてふゆめしうれるか。 

周と胡蝶とは、則ち必ず分有らん。此れを之物化と謂ふ。
しうこてふとは、すなはかならぶんあらん。これをこれぶつくゎ。 


[ 現代語訳 ]

昔、荘周は夢で胡蝶になった。ひらひらと舞う胡蝶であった。

心のままに楽しんで、気持ちがのびのびしている。荘周であることがわからなくなっている。

にわかに目覚めると、まぎれもなく荘周である。

わからない、荘周が夢で胡蝶になったのか、胡蝶が夢で荘周になったのか。

荘周と胡蝶とは、間違いなく別の存在であるだろう。これを物化という。

スワップ金利を利用