TOP ≫ CATEGORY ≫ 鴻門之会
CATEGORY ≫ 鴻門之会
      

 鴻門之会・項王暴挙 現代語訳・書き下し文

鴻門之会・項王暴挙

[ 原文 ]

居数日、項羽引兵西、屠咸陽、殺秦降王子嬰、焼秦宮室。

火三月不滅。収其貨宝・婦女而東。

人或説項王曰、「関中阻山河四塞、地肥饒、可都以霸。」

項王見秦宮皆以焼残破、又心懐思、欲東帰

曰、「富貴不帰故郷、如衣繡夜行、誰知之者。」

説者曰、「人言、『楚人沐猴而冠耳。』果然。」

項王聞之、烹説者。


[ 書き下し文 ]

居ること数日、項羽兵を引きて西し、咸陽を屠り、 

秦の降王子嬰を殺し、秦の宮室を焼く。 

火三月滅せず。其の貨宝・婦女を収めて東す。 

人或ひは項王に説きて曰はく、「関中は山河を阻てて四塞す。 

地は肥饒なり。都して以て覇たるべし」と。 

項王秦の宮室の皆以て焼けて残破せるを見、 

又心に懐思して、東に帰らんと欲す。 

曰はく、「富貴にして故郷に帰らざるは、繡を衣て 

夜行くがごとし。誰か之を知る者ぞ」と。 

説者曰はく、「人は言ふ、『楚人は沐猴にして冠するのみ』と。 

果たして然り」と。項王之を聞き、説者を烹る。 


[ 現代語訳 ]

数日たって、項羽は兵をひきいて西進し、咸陽を破り、

秦の降参した王の子嬰を殺し、秦の宮室を焼いた。

火は三ヶ月の間消えなかった。財宝・婦女を没収して東に向かった。

ある人が項王に説いて言った、「関中は四方を山河に囲まれている要害の地です。

土地は肥沃です。都にして天下を治めることができます」と。

項王は、秦の宮室が皆焼けて崩れ落ちているのを見て、

また、心中で故郷を懐かしく思って、東に帰ることを望んだ。

言った、「富貴になって故郷に帰らないのは、華やかに刺繡した服を着て

暗い夜道を歩くようなものだ。誰もそれを知らないだろう」と。

進言者が言った、「世間の人は言う、『楚の国の人は猿が冠をつけているだけだ』と。

ほんとにそのとおりだ」と。項王は、これを聞き、進言者を烹て殺した。
スワップ金利を利用