TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

 開成高等学校 入試問題 

開成高等学校 入試問題 国語・古文

 これも今は昔、田舎の児の、比叡の山へのぼりたりけるが、桜の

めでたく咲きたりけるに、風のはげしく吹きけるを見て、この児、

さめざめと泣きけるを見て、僧の、やわらよりて、

「など、かうは泣かせ給ふぞ。この花の散るを惜しうおぼえさせ

給ふか。桜ははかなき物にて、かく程なくうつろひさぶらふなり。

されども、さのみぞさぶらふ」となぐさめければ、

「桜の散らんは、あながちにいかがせん、苦しからず。我が父の

作りたる麦の花散りて、実の入らざらん、思ふがわびしき」といひて、

さくりあげて、「よよ」と泣きければ、うたてしやな。


問一、傍線部「うたてしやな」とは「がっかりだ・情けないことだ。

 という意味だが、作者はどのような点をそう感じたのか、五十字

 以内で説明せよ。



スワップ金利を利用