TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

 春暁 (孟浩然) 書き下し文・現代語訳

春暁 (孟浩然)

[ 原文 ]

春 眠 不 覚 暁

処 処 聞 啼 鳥

夜 来 風 雨 声

花 落 知 多 少


[ 書き下し文 ]

春眠暁を覚えず (しゅんみんあかつきおぼえず

処処に啼鳥を聞く (しょしょていてう

夜来風雨の声 (やらいふううこえ)

花落つること知りぬ多少ぞ (はなおつることりぬたせう


[ 現代語訳 ]

春の眠りは、夜が明けたのにも気がつかず

あちらこちらで鳥のさえずりが聞こえる

昨夜は風や雨の音がしていたが

どれほどの花が散ってしまっただろうか


スワップ金利を利用