TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年01月
ARCHIVE ≫ 2015年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

 鳥取県 公立高校 入試問題

宇治拾遺物語 原文・現代語訳

「樵夫の小童、隠題の歌詠む事」

[ 原文 ]

今は昔、隠題をいみじく興ぜさせ給ひける御門の、ひちりきを詠ませられけるに、

人々わろく詠みたりけるに、木こる童の、暁、山へ行くとていひける。

「この比ひちりきを詠ませさせ給ふなるを、人のえ詠み給はざなる、

童こそ詠みたれ」といひければ、

具して行く童部、「あな、おほけな。かかる事な言ひそ。

さまにも似ず。いまいまし」といひければ、

「などか必ずさまに似る事か」とて、

  めぐりくる春々ごとに桜花いくたびちりき人に問はばや
  
といひたりける。さまにも似ず、思ひかけずぞ。


[ 現代語訳 ]

今では昔のことですが、隠し題を非常におもしろがっておられた帝が、

ひちりきを詠ませられたところ、人々がまずくお詠みになった折に、

木を伐る子供が、明け方、山へ行くといって言った。

「この頃ひちりきを詠ませられるというが、誰も上手にお詠みになれないそうだ、

自分ならうまく詠んだのに」と言ったところ、

連れだって行く子供が、「まあ、身の程知らずな。そんなこと言うな。

職業柄にも合わない。憎らしい」と言ったので、

「どうして職業柄に合ったものになると決まっているか」と言って、

  毎年めぐって来る春ごとに桜の花が何回散ったのか人に尋ねてみたい

と詠んだ。職業柄にも合わず、思いがけないことであった。



スワップ金利を利用