TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月

 かぐや姫の生い立ち(竹取物語) 現代語訳・原文

かぐや姫の生い立ち(竹取物語) 現代語訳・原文

[ 原文 ]

今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。

野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。

名をば讃岐の造となむいひける。

その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。

あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。

それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。

翁言ふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。

子になりたまふべき人なめり」とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。

妻の嫗に預けて養はす。うつくしきこと限りなし。

いと幼ければ、籠に入れて養ふ。


[ 現代語訳 ]

今では昔のことだが、竹取の翁という者がいた。

野山に分け入って竹を取りながら、さまざまなことに使っていた。

名前を讃岐の造といった。

その竹の中に、根元の光る竹が一本あった。

不思議に思って近寄って見ると、筒の中が光っていた。

それを見ると、三寸ぐらいの人が、とてもかわいらしい様子で座っていた。

翁が言うには、「私が毎朝毎夕に見る竹の中にいらっしゃるので見つけました。

わが子になられるはずの人のようです」と言って、手の中に入れて家へ持って来た。

妻の嫗に預けて育てさせる。かわいらしいことはこの上もない。

とても幼いので、籠に入れて育てる。

スワップ金利を利用