TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年01月
ARCHIVE ≫ 2016年01月
      

≪ 前月 |  2016年01月  | 翌月 ≫

 螳螂之斧 現代語訳・書き下し文

螳螂之斧

[ 原文 ]

斉荘公出猟。有一虫。

挙足将搏其輪。

問其御曰、「此何虫也。」

対曰、「此所謂螳螂者也。

其為虫也、知進而不知却。不量力而軽敵。」

荘公曰、「此為人而必為天下勇武矣。」

回車而避之。勇武聞之,知所尽死矣。


[ 書き下し文 ]

斉の荘公出でて猟す。一虫有り。

足を挙げて将に其の輪を搏たんとす。

其の御に問ひて曰はく、「此れ何の虫ぞや」と。

対へて曰はく、「此れ所謂螳螂なる者なり。

其の虫たるや、進むを知りて却くを知らず。

力を量らずして敵を軽んず」と。

荘公曰はく、「此れ人たらば、必ず天下の勇武たらん」と。

車を回らして之を避く。

勇武之を聞き、死を尽す所を知る。


[ 現代語訳 ]

斉の荘公が猟に出かけた。一匹の虫がいた。

足を振り挙げていまにもその車輪に打ちかかろうとしていた。

御者に尋ねて言った、「これは何という虫かね」と。

答えて言った、「これはかまきりという虫です。

この虫は、進むことを知って退くことを知りません。

自分の力量をわきまえないで相手を軽く見ます」と。

荘公は言った、「これが人であるならば、きっと勇武の名を天下にとどろかすだろう」と。

車を迂回させてこれを避けた。

勇武の人々はこれを聞いて、死力を尽くすべき場所を知った。

スワップ金利を利用