TOP漢文 ≫ 先従隗始(先づ隗より始めよ) 書き下し文・口語訳

 先従隗始(先づ隗より始めよ) 書き下し文・口語訳

先従隗始(先づ隗より始めよ)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

先従隗始 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

燕人立太子平為君。是為昭王。弔死問生、卑辞厚幣、以招賢者。

問郭隗曰、「斉因孤之国乱、而襲破燕。孤極知燕小不足以報。

誠得賢士与共国、以雪先王之恥、孤之願也。先生視可者。得身事之。」

隗曰、「古之君、有以千金使涓人求千里馬者。買死馬骨五百金而返。君怒。

涓人曰、『死馬且買之。況生者乎。馬今至矣。』不期年、千里馬至者三。

今、王必欲致士、先従隗始。況賢於隗者、豈遠千里哉。」

於是昭王為隗改築宮、師事之。於是士争趨燕。


[ 書き下し文 ]

燕人太子平を立てて君と為す。是れを昭王と為す。
えんひとたいしへいててきみ。これをせうわう

死を弔ひ生を問ひ、辞を卑くし幣を厚くして、以て賢者を招く。
とむらせい、じひくくしへいあつくして、もっけんじゃまね

郭隗に問ひて曰はく、「斉孤の国の乱るるに因りて、
くゎくくゎいひてはく、「せいこくにみだるるにりて

襲ひて燕を破る。孤極めて燕の小にして以て報ずるに足らざるを知る。
おそひてえんやぶ。こきはめてえんせうにしてもっほうずるにらざるを

誠に賢士を得て与に国を共にし、以て先王の恥を雪がんことは、
まことけんしともくにともにし、もっせんわうはぢすすがんことは

孤の願ひなり。先生可なる者を視せ。身之に事ふるを得ん」と。
ねがひなり。せんせいかなるものしめ。みこれつかふるを

隗曰はく、「古の君に、千金を以て涓人をして
くゎいいはく、「いにしへきみ、せんきんもっけんじんをして

千里の馬を求めしむる者有り。
せんりうまもとめしむるものあ

死馬の骨を五百金に買ひて返る。君怒る。
しばほねごひゃっきんひてかへ。きみいか

涓人曰はく、『死馬すら且つ之を買ふ。況んや生ける者をや。
けんじんいはく、『しばすらこれ。いはんやけるものをや

馬今に至らん。』と。期年ならずして、千里の馬至る者三。
うまいまいたらん。きねんならずして、せんりうまいたものさん。

今、王必ず士を致さんと欲せば、先づ隗より始めよ。
いま、わうかならいたさんとほっせば、まくゎいよりはじめよ

況んや隗より賢なる者、豈に千里を遠しとせんや。」と。
いはんやくゎいよりけんなるもの、あせんりとほしとせんや

是に於いて昭王隗の為に改めて宮を築き、
ここいてせうわうくゎいためあらためてきゅうきづ

之に師事す。是に於いて士争ひて燕に趨く。
これしじ。ここいてしあらそひてえんおもむ


[ 口語訳 ]

燕の人たちは、太子平を擁立して王とした。これが昭王である。戦死者を弔い、生還者を
見舞い、へりくだった言葉づかいをし、俸禄を多くし、よって賢者を招いた。

郭隗に尋ねた、「斉は私の国が乱れているのに乗じて襲い、燕を破りました。
私は燕が小国であり報復するのに力不足であることを十分承知しています。

ぜひとも賢者を得て一緒に国を治め、よって先代の王の恥をすすぐこと、私の願いです。
先生、適当な人物を教えて下さい。私はその方に師事します。」

郭隗は言った、「昔の王に、千金で召使いに一日に千里を走る名馬を買い求めさせた人が
いました。死んだ馬の骨を五百金で買って帰りました。王は怒りました。

召使いが言いました、『死んだ馬でさえ買うのです。まして生きている馬なら、なおさらでしょう。
馬はすぐにやって来るでしょう。』一年もたたないうちに、千里の馬が三頭もやって来ました。

今、王がどうしても優れた人物を招きたいのなら、まず隗からお始めください。
まして、隗より優れた人物は、どうして千里の道を遠いと思うでしょうか。」

そこで、昭王は隗のために住居を改築し、師事した。そこで、優れた者たちが争って
燕にやって来た。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用