TOP伊勢物語 ≫ 伊勢物語「東下り-かきつばた」 口語訳

 伊勢物語「東下り-かきつばた」 口語訳

伊勢物語「東下り」

[ 原文 ]

昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、
東の方に住むべき国求めにとてゆきけり。

もとより友とする人ひとりふたりしていきけり。道知れる人もなくて、まどひいきけり。

三河の国八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく川の蜘蛛手なれば、
橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。

その沢のほとりの木のかげに下りゐて、乾飯食ひけり。

その沢にかきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、

「かきつばたといふ五文字を句の上にすゑて、旅の心をよめ。」といひければ、よめる。

   から衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ
  
とよめりければ、みな人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり。


[ 口語訳 ]

昔、男がいた。その男は、自分を役に立たないものと思い込んで、都にはおるまい、
東国の方に住むのにふさわしい国を見つけにと思って出かけた。

以前から友だちだった人ひとりふたりと一緒に出かけた。道を知っている人もなくて、
迷いながら行った。

三河の国、八橋という所に着いた。そこを八橋といったのは、水の流れている川が
蜘蛛の手のようなので、橋を八つ渡してあることから八橋といったのです。

その沢のほとりの木陰に下りて座って、乾飯を食べた。

その沢にかきつばたがとても美しく咲いていた。それを見て、ある人が言うには、

「かきつばたという五文字を各句の初めに置いて、旅の心を詠め。」と言ったので、詠んだ。

   唐衣を着慣れるように慣れ親しんだ妻が都にいるので、
   はるばるやってきた旅の遠さをしみじみと思う。

と詠んだので、みんなが、乾飯の上に涙を落して、ふやけてしまった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用