TOP伊勢物語 ≫ 伊勢物語「東下り-宇津の山」 口語訳

 伊勢物語「東下り-宇津の山」 口語訳

伊勢物語「東下り-宇津の山」

[ 原文 ]

ゆきゆきて、駿河の国にいたりぬ。

宇津の山にいたりて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、つたかへでは茂り、もの心細く、
すずろなる目を見ることと思ふに、修行者あひたり。

「かかる道は、いかでかいまする。」といふを見れば、見し人なりけり。

京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

   駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人にあはぬなりけり 
 
富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。

   時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらん 
 
その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらんほどして、
なりは塩尻のやうになんありける。

[ 口語訳 ]

先へ先へと行って、駿河の国に着いた。

宇津の山に着いて、自分が分け入ろうとする道はとても暗く細いのに、蔦や楓が茂って、
なんとなく心細く、とんでもない目にあうことと思っていると、修行者が出会った。

「このような道に、どうしておいでになるのですか。」と言うのを見ると、会ったことのある人
であった。

都に、あの御方のもとにと思って、手紙を書いてことづけた。

   駿河の国にある宇津の山のあたりのように、うつつにも夢にも人に会わないことだよ。

富士の山を見ると、五月の末に、雪がとても白く降っている。

   時節をわきまえない山は富士の嶺だ。いつだと思って、
   鹿の子まだらに雪が降るのだろうか。

その山は、都でたとえると、比叡山を二十くらい重ね上げたような高さで、
形は塩尻のようだった。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用