TOP漢文 ≫ 借虎威(虎の威を借る) 書き下し文・口語訳

 借虎威(虎の威を借る) 書き下し文・口語訳

借虎威(戦国策)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

借虎威 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

虎求百獣而食之。得狐。狐曰、

「子無敢食我也。天帝使我長百獣。

今子食我、是逆天帝命也。

子以我為不信、吾為子先行。

子随我後観。百獣之見我而敢不走乎。」

虎以為然。故遂与之行。獣見之皆走。

虎不知獣畏己而走也。以為畏狐也。


[ 書き下し文 ]

虎百獣を求めて之を食らふ。 狐を得たり。狐曰はく、
とらひゃくじうもとめてこれらふ。きつねたり。きつねいはく

「子敢へて我を食らふこと無かれ。天帝我をして百獣に長たらしむ。
「しあへてわれらふことかれ。てんていわれをしてひゃくじうちゃうたらしむ

今子我を食らはば、是れ天帝の命に逆らふなり。
いましわれらはば、こてんていめいさからふなり

子我を以て信ならずと為さば、吾子の為に先行せん。
しわれもっしんならずとさば、われしためせんかうせん

子我が後に随ひて観よ。百獣の我を見て敢へて走らざらんや。」と。
しわあとしたがひて。ひゃくじうわれへてはしらざらんや

虎以て然りと為す。故に遂に之と行く。獣之を見て皆走る。
とらもっしかりと。ゆゑつひこれ。じうこれみなはし

虎獣の己を畏れて走るを知らざるなり。以て狐を畏ると為すなり。
とらじうおのれおそれてはしるをらざるなり。もっきつねおそるとすなり


[ 口語訳 ]

虎はすべての獣をつかまえて食べていた。 狐をつかまえた。狐は言った、

「あなたはけっして私を食べてはいけません。天の神は私をすべての獣の頭にしました。

今あなたが私を食べたら、それは天の神の命令に逆らうことになります。

あなたが私のことを信用できないのなら、私はあなたのために先に立って歩きましょう。

あなたは私の後ろについて見ていてください。すべての獣は私を見てどうして逃げ出さない
でしょうか、きっと逃げ出すでしょう。」と。

虎はなるほどと思った。そこで狐といっしょに行った。獣はこれを見てみんな逃げた。

虎は獣が自分を恐れて逃げたことに気づかなかった。狐を恐れたのだと思った。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用