TOP漢文 ≫ 画竜点睛 書き下し文・口語訳(現代語訳)

 画竜点睛 書き下し文・口語訳(現代語訳)

画竜点睛(がりょうてんせい)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

画竜点睛 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

張僧繇、呉中人也。

武帝崇飾仏寺、多命僧繇画之。

金陵安楽寺四白龍、不點眼睛。

毎云、點睛即飛去。

人以爲妄誕、固請點之。

須臾雷電破壁、両龍乗雲、騰去上天。

二龍未點眼者見在。


[ 書き下し文 ]

張僧繇は、呉中の人なり。
ちゃうそうえう、ごちゅうひとなり

武帝仏寺を崇飾するに、多く僧繇に命じて之に画かしむ。
ぶていぶつじすうしょくするに、おほそうえうめいじてこれゑがかしむ

金陵の安楽寺の四白竜は、眼睛を点ぜず。
きんりょうあんらくじしはくりょう、がんせいてんぜず

毎に云ふ、「睛を点ぜば即ち飛び去らん」と。
つね、「ひとみてんぜばすなはらん

人以て妄誕と為し、固く之に点ぜんことを請ふ。
ひともっまうたん、かたこれてんぜんことを

須臾にして雷電壁を破り、両竜雲に乗り、騰去して天に上る。
しゅゆにしてらいでんかべやぶ、りゃうりょうくも、とうきょしててんのぼ

二竜の未だ眼を点ぜざる者は、見に在り。
にりょういまてんぜざるもの、げん


[ 現代語訳 ]

張僧繇は、呉中の人である。

武帝が仏教寺院を美しく飾るときには、多くの場合僧繇に命じて描かせていた。

金陵の安楽寺に描かれた四頭の白竜には、瞳を描き入れていなかった。

いつも言っていた、「瞳を描き入れると即座に飛び去るだろう」と。

人々はでたらめだと思い、強くこれに瞳を描き入れることを求めた。

たちまち雷鳴と電光が壁を破り、二匹の竜は雲に乗り、躍り上がって天に昇った。

二匹のまだ瞳を描き入れていないものは現存している。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用