TOP韓非子 ≫ 矛盾 書き下し文・口語訳

 矛盾 書き下し文・口語訳

矛盾 (韓非子)

[ 原文 ]

楚人有鬻盾与矛者。

誉之曰、「吾盾之堅、莫能陥也。」

又誉其矛曰、「吾矛之利、於物無不陥也。」

或曰、「以子之矛、陥子之盾、何如。」

其人弗能応也。


[ 書き下し文 ]

楚人に盾と矛とを鬻ぐ者有り。
そひとたてほことをひさものあ

之を誉めて曰はく、「吾が盾の堅きこと、能く陥す莫きなり」と。
これめてはく、「わたてかたきこと、よとほきなり

又其の矛を誉めて曰はく、
またそほこめてはく

「吾が矛の利なること、物に於いて陥さざる無きなり」と。
「わほこなること、ものいてとほさざるきなり

或ひと曰はく、「子の矛を以て、子の盾を陥さば、何如」と。
あるひとはく、「しほこもっ、したてとほさば、いかん」

其の人応ふる能はざるなり。
ひとこたふるあたはざるなり


[ 口語訳 ]

楚の国の人に盾と矛を売り歩く者がいた。

これをほめて言った、「私の盾の堅くて丈夫なことといったら、

突き通すことのできるものはない」と。

またその矛をほめて言った、「私の矛の鋭いことといったら、

どんなものでも突き通すことができる」と。

ある人が言った、「あなたの矛で、あなたの盾を突いたら、どうなるのですか」と。

その人は答えることができなかった。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用