TOP漢文 ≫ 蛇足 書き下し文・口語訳

 蛇足 書き下し文・口語訳

蛇足 (戦国策)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

蛇足 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

楚有祠者。賜其舎人巵酒。

舎人相謂曰、「数人飲之不足、一人飲之有余。

請画地為蛇、先成者飲酒。」

一人蛇先成、引酒且飲之。

乃左手持巵、右手画蛇曰、「吾能為之足。」

未成、一人之蛇成。

奪其巵曰、「蛇固無足。子安能為之足。」

遂飲其酒。為蛇足者、終亡其酒。


[ 書き下し文 ]

楚に祠る者有り。其の舎人に巵酒を賜ふ。

舎人相謂ひて曰はく、「数人之を飲まば足らず。一人之を飲まば余り有り。

請ふ地に画きて蛇を為し、先づ成る者酒を飲まん。」と。

一人の蛇先づ成る。酒を引きて且に之を飲まんとす。

乃ち左手に巵を持ち、右手蛇を画きて曰はく、「吾能く之が足を為す。」と。

未だ成らざるに、一人の蛇成る。

其の巵を奪ひて曰はく、「蛇固より足無し。子安くんぞ能く之が足を為さんや。」と。

遂に其の酒を飲む。蛇の足を為す者、終に其の酒を亡へり。


[ 口語訳 ]

楚の国に祭りをした者がいた。その召使いたちに大きな杯に入れた酒をふるまった。

召使いたちは相談して言った、「数人でこれを飲めば足りない。一人でこれを飲めば
余るほどある。

地面に蛇を描いて、最初に完成した者が酒を飲むことにしよう。」と。

一人の蛇が最初に完成した。酒を引き寄せてそれを飲もうとした。

左手に杯を持ち、右手で蛇を描いて言った、「私はこれの足を描くことができる。」と。

まだ完成しないうちに、一人の蛇が完成した。

その杯を奪って言った、「蛇にはもともと足がない。あなたはどうしてこれの足を描くことが
できるのか、できはしない。」と。

そのままその酒を飲んでしまった。蛇の足を描いた人は、結局その酒を飲みそこねた。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用