TOP漢文 ≫ 漱石枕流 書き下し文 ・口語訳

 漱石枕流 書き下し文 ・口語訳

漱石枕流(そうせきちんりゅう)[世説新語]

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

漱石枕流 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

孫子荊、年少時欲隠、語王武子、

当枕石漱流、

誤曰漱石枕流。

王曰、「流可枕、石可漱乎。」

孫曰、「所以枕流、欲洗其耳、

所以漱石、欲礪其歯。」


[ 書き下し文 ]

孫子荊、年少き時、隠れんと欲し、王武子に語りて、
そんしけい、としわかとき、かくれんとほっ、わうぶしかたりて

当に石に枕し流れに漱がんとすべきに、
まさいしまくらながれにくちすすがんとすべきに

誤りて石に漱ぎ流れに枕せんと曰ふ。
あやまりていしくちすすながれにまくらせんと

王曰はく、「流れは枕すべく、石は漱ぐべきか。」と。
わういはく、「ながれはまくらすべく、いしくちすすぐべきか

孫曰はく、「流れに枕する所以は、其の耳を洗はんと欲し、
そんいはく、「ながれにまくらするゆゑん、そみみあらはんとほっ

石に漱ぐ所以は、其の歯を礪がんと欲すればなり」と。
いしくちすすゆゑん、そがんとほっすればなり


[ 口語訳 ]

孫子荊は、若いとき、隠居したいと思い、王武子に語って、

「石を枕とし川の流れで口をすすぎたい」とするべきなのに、

間違って「石で口をすすぎ川の流れを枕にしたい」と言った。

王が言った、「流れを枕にしたり、石で口をすすいだりできるのか」と。

孫が言った、「流れを枕にするのは耳を洗いたいと思い、

石で口をすすぐのは歯を磨きたいと思うからだ」と。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用