TOP漢文 ≫ 四面楚歌 書き下し文・口語訳(現代語訳)

 四面楚歌 書き下し文・口語訳(現代語訳)

四面楚歌(しめんそか)[史記]

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

四面楚歌 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

項王軍壁垓下。兵少食尽。

漢軍及諸侯兵囲之数重。

夜聞漢軍四面皆楚歌。項王乃大驚曰、

「漢皆已得楚乎。是何楚人之多也。」

項王則夜起、飲帳中。

有美人名虞、常幸従。駿馬名騅、常騎之。

於是項王乃悲歌慷慨、自為詩曰、

  力抜山兮気蓋世  

  時不利兮騅不逝

  騅不逝兮可奈何  

  虞兮虞兮奈若何

歌数闋、美人和之。

項王泣数行下。左右皆泣、莫能仰視。


[ 書き下し文 ]

項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。
かうわうぐんがいかへき。へいすくなくしょくつ

漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。
かんぐんおよしょこうへい、これかこむことすうちょうなり

夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、項王乃ち大いに驚きて曰はく、
よるかんぐんしめんみなそかするを、かうわうすなはおおいにおどろきてはく

「漢皆已に楚を得たるか。是れ何ぞ楚人の多きや」と。
「かんみなすでたるか。こなんそひとおほきや

項王則ち夜起ちて帳中に飲む。
かうわうすなはよるたちてちょうちう

美人有り、名は虞。常に幸せられて従ふ。
びじんあ、なぐ。つねかうせられてしたが

駿馬あり、名は騅。常に之に騎す。
しゅんめあ、なすゐ。つねこれ

是に於いて項王乃ち悲歌慷慨し、自ら詩を為りて曰はく、
ここいてかうわうすなはひかかうがい、みづかつくりてはく

  力は山を抜き気は世を蓋ふ 
  ちからやまおほ

  時に利あらず騅逝かず
  ときあらずすゐゆかず

  騅の逝かざる奈何すべき
  すゐかざるいかんすべき

  虞や虞や若を奈何せん
  ぐなんぢいかんせん

歌ふこと数闋、美人之に和す。
うたふことすうけつ、びじんこれ

項王泣数行下る。左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。
かうわうなみだすうかうくだ。さいうみなな、よあふるもの


[ 語現代訳 ]

項王の軍は垓下の城壁にたてこもった。兵士は少なく食料も尽きた。

漢軍及び諸侯の兵士が、幾重にもこれを取り囲んでいた。

夜漢軍が四方で皆楚の国の歌をうたうのを聞き、項王はたいへん驚いて言った、

「漢はすっかりもう楚を収めたのだろうか。なんと楚の国の人の多いことか。」と。

項王はそこで夜起きて幕営のとばりの中で酒を飲んだ。

美人がいた、名は虞という。いつも寵愛されてつき従っていた。

名馬がいた、名は騅という。いつもこれに乗っていた。

そこで項王は悲しげに歌い憤り嘆いて、自身で詩を作り歌った、

   わたしの力は山をも引き抜くほどであり、わたしの気力は世の中をおおうほどであった

   時の運がわたしに不利であり、騅は進まない

   騅が進まないのをどうすればよいのか 、どうしようもない

   虞よ、虞よ、そなたをどうしようか

何回もくり返して歌い、美人もこれに合わせて歌った。

項王はいく筋かの涙を流した。左右に仕える者たちも皆泣いて、

仰ぎ見ることのできるものはいなかった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用