TOP漢文 ≫ 推敲 書き下し文・口語訳(現代語訳)

 推敲 書き下し文・口語訳(現代語訳)

推敲 (唐詩紀事)

[ 原文 ]

島赴挙至京、騎驢賦詩、得「僧推月下門」之句。

欲改推為敲。

引手作推敲之勢、未決。

不覚衝大尹韓愈。乃具言。

愈曰、「敲字佳矣。」

遂並轡論詩久之。


[ 書き下し文 ]

賈島挙に赴きて京に至り、驢に騎りて詩を賦し、「僧は推す月下の門」の句を得たり。

推を改めて敲と作さんと欲す。

手を引きて推敲の勢ひを作すも、未だ決せず。

覚えず大尹韓愈に衝たる。乃ち具に言ふ。

愈曰はく、「敲の字佳し」と。

遂に轡を並べて詩を論ずること之を久しくす。


[ 現代語訳 ]

賈島が科挙の試験を受けるために都にやってきて、ロバに乗って詩を作り、
「僧は推す月下の門」という句を思いついた。

「推」を改めて「敲」にしたいと思った。

手を動かして「推す」と「敲く」のしぐさをしてみたが、まだ決まらない。

思わず都の長官韓愈の一行にぶつかった。 そこで詳しく説明した。

韓愈が言った、「敲の字がよい」と。

そのまま馬の首をそろえて並び詩についてしばらく議論した。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用