TOP漢文 ≫ 雑説 書き下し文・口語訳(現代語訳)

 雑説 書き下し文・口語訳(現代語訳)

雑説 (韓愈)

[ 原文 ]

世有伯楽、然後有千里馬。

千里馬常有、而伯楽不常有。

故雖有名馬、祇辱於奴隷人之手、

駢死於槽櫪之間、不以千里称也。

馬之千里者、一食或尽粟一石。

食馬者、不知其能千里而食也。

是馬也、雖有千里之能、食不飽、

力不足、才美不外見。

且欲与常馬等、不可得。安求其能千里也。

策之不以其道。

食之不能尽其材。

鳴之而不能通其意。

執策而臨之曰、「天下無馬。」

嗚呼、其真無馬邪。其真不知馬也。


[ 書き下し文 ]

世に伯楽有りて、然る後に千里の馬有り。
はくらくありて、しかのちせんりうまあ

千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず。
せんりうまつねれども、はくらくつねにはらず

故に名馬有りと雖も、祇だ奴隷人の手に辱しめられ、
ゆゑめいばありといへど、たどれいじんはづかしめられ

槽櫪の間に駢死して、千里を以て称せられざるなり。
さうれきかんへんしして、せんりもっしょうせられざるなり

馬の千里なる者は、一食に或いは粟一石を尽くす。
うませんりなるもの、いっしょくあるいはぞくいっせきくす

馬を食ふ者は其の能の千里なるを知りて食はざるなり。
うまやしなもののうせんりなるをりてやしなはざるなり

是の馬や、千里の能有りと雖も、食飽かざれば、
うま、せんりのうありといへど、しょくあかざれば

力足らずして、才の美外に見れず。
ちからたらずして、さいびそとあらはれず

且つ常馬と等しからんと欲するも、得べからず。
じゃうばひとしからんとほっするも、うべからず

安くんぞ其の能の千里なるを求めんや。
いづくんぞのうせんりなるをもとめんや

之を策うつに其の道を以てせず。
これむちうつにみちもってせず

之を食ふに其の材を尽くさしむる能はず。
これやしなふにざいくさしむるあたはず

之に鳴けども其の意に通ずる能はず。
これけどもつうずるあたはず

策を執りて之に臨みて曰はく、「天下に馬無し」と。
むちりてこれのぞみてはく、「てんかうまな

鳴呼、其れ真に馬無きか。其れ真に馬を知らざるか。
ああ、そしんうまなきか。そしんうまらざるか


[ 現代語訳 ]

世の中に伯楽(馬の鑑定の名人)がいて、はじめて千里の馬(一日に千里も走れる名馬)は
見いだされる。

千里の馬はいつもいるが、伯楽はいつもいるとは限らない。

それゆえ名馬がいたとしても、ただ賤しい下僕の手で粗末に扱われ、

馬小屋の中に首を並べて死んで、一日に千里も走れるとほめたたえられないのである。

馬で千里も走れるものは、一回の食事でときには穀物一石を食べつくす。

馬の飼い主はその馬に千里を走る能力があると知って飼っていないのである。

この馬は、千里を走る能力があっても、食料が十分でないので、

力が足りなくて、才能のすばらしさが外にあらわれない。

そのうえ普通の馬と同じような働きをしたいと思っても、できない。

どうしてその千里を走る能力を求めることができようか、できはしない。

その馬をむちうつ時にそれにふさわしい扱い方をしない。

その馬を飼育するのにその素質を十分に発揮させることができない。

飼い主に鳴いて訴えてもその気持ちを理解することができない。

むちを手に取って馬に向かって言う、「世の中に名馬はいない」と。

ああ、いったい本当に名馬はいないのか。いったい本当に名馬を見ぬけないのか。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用