TOP漢文 ≫ 鶏口牛後 書き下し文・現代語訳

 鶏口牛後 書き下し文・現代語訳

鶏口牛後 (十八史略)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

鶏口牛後 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

秦人恐喝諸侯、求割地。

有洛陽人蘇秦。游説秦恵王不用。

乃往説燕文侯、与趙従親。

燕資之、以至趙。

説粛侯曰、「諸侯之卒、十倍於秦。

幷力西向、秦必破矣。

為大王計、莫若六国従親以擯秦。」

粛侯乃資之、以約諸侯。

蘇秦以鄙諺説諸侯曰、「寧為鶏口、無為牛後。」

於是六国従合。


[ 書き下し文 ]

秦人諸侯を恐喝して、地を割かんことを求む。
しんひとしょこうきょうかつして、ちかんことをもと

洛陽の人蘇秦といふもの有り。秦の恵王に游説して用ゐられず。
らくやうひとそしんといふもの。しんけいわういうぜいしてもちゐられず

乃ち往きて燕の文侯に説き、趙と従親せしめんとす。
すなはきてえんぶんこう、てうしょうしんせしめんとす

燕之に資して、以て趙に至らしむ。
えんこれして、もってういたらしむ

粛侯に説きて曰はく、「諸侯の卒、秦に十倍す。
しゅくこうきてはく、「しょこうそつ、しんじふばい

力を并せて西に向かはば、秦必ず破れん。
ちからあはせてにしかはば、しんかならやぶれん

大王の為に計るに、六国従親して以て秦を擯くるに若くは莫し」と。
だいわうためはかるに、りくこくしょうしんしてもっしんしりぞくるにくは

粛侯乃ち之に資し、以て諸侯を約せしむ。
しゅくこうすなはこれして、もっしょこうやくせしむ

蘇秦鄙諺を以て諸侯に説きて曰はく、「寧ろ鶏口と為るとも、
そしんひげんもっしょこうきてはく、「むしけいこうるとも

牛後と為ること無かれ」と。是に於いて六国従合す。
ぎうごることかれ。ここいてりくこくしょうがふ


[ 現代語訳 ]

秦は諸侯をおどして、領土を割譲することを求めた。

洛陽の人で蘇秦という者がいた。秦の恵王のところに行き説いたが採用されなかった。

そこで燕に赴いて文侯に説いて、趙と南北に同盟を結ばせようとした。

燕はこれに資金を与え、そして趙に行かせた。

粛侯に説いて言った、「諸侯の兵力は、秦の十倍あります。

協力して西方に進軍すれば、秦は必ず敗れるでしょう。

大王のために計画を立てますに、六国が南北に同盟を結んでそして秦を排斥するのに
勝るものはありません」と。

粛侯はそこでこれに資金を与え、そして諸侯に同盟を約束させた。

蘇秦は世俗のことわざを用いて諸侯に説いて言った、「鶏のくちばしになっても、
牛の尻になってはならない」と。

こうして六国は南北に同盟を結んだ。




関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用