TOP漢文 ≫ 知音 書き下し文・現代語訳

 知音 書き下し文・現代語訳

知音(ちいん) [ 呂氏春秋 ]

[ 原文 ]

伯牙鼓琴、鍾子期聴之。

方鼓琴、而志在太山。

鍾子期曰、「善哉乎、鼓琴。巍巍乎若太山。」

少選之間、而志在流水。

鍾子期又曰、「善哉乎、鼓琴。湯湯乎若流水。」

鍾子期死、伯牙破琴絶絃、終身不復鼓琴。

以為世無足復為鼓琴者。


[ 書き下し文 ]

伯牙琴を鼓し、鍾子期之を聴く。
はくがきん、しょうしきこれ

琴を鼓するに方たりて、志太山に在り。
きんするにたりて、こころざしたいざん

鐘子期曰はく、「善きかな、琴を鼓すること。巍巍乎として太山のごとし」と。
しょうしきいはく、「よきかな、きんすること。ぎぎことしてたいざんのごとし

少選の間にして、志流水に在り。鐘子期又曰はく、
せうせんかんにして、こころざしりうすい。しょうしきまたいはく

「善きかな、琴を鼓すること。湯湯乎として流水のごとし」と。
「よきかな、きんすること。しゃうしゃうことしてりうすいのごとし

鐘子期死して、伯牙琴を破り絃を断ち、終身復た琴を鼓せず。
しょうしきしして、はくがきんやぶげん、しゅうしんまきんせず

以為へらく世に復た為に琴を鼓するに足る者無しと。
おもへらくためきんするにものなしと


[ 現代語訳 ]

伯牙が琴を弾き、鍾子期がこれを聴いた。

琴を弾くとき、思いは泰山にあった。

鐘子期が言った、「すばらしい、琴を弾くことは。高くそびえている感じがして
まるで泰山のようだ」と。

しばらくして、思いは流れる川にあった。

鐘子期が言った、「すばらしい、琴を弾くことは。勢いよく流れている感じがして
まるで流れる川のようだ」と。

鐘子期が死んで、伯牙は琴を壊して弦を切り、死ぬまで二度と琴を弾かなかった。

世の中にもはや琴を弾いて聴かせるのに値する人はいないと思った。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用