TOP漢文 ≫ 塞翁馬 書き下し文・現代語訳

 塞翁馬 書き下し文・現代語訳

塞翁馬 (淮南子)

・ ニューバージョンを作成しました。語句・文法の解説付きです。
   ⇒ 塞翁馬 現代語訳・書き下し文

[ 原文 ]

夫禍福之転而相生、其変難見也。

近塞上之人、有善術者。

馬無故亡而入胡。人皆弔之。

其父曰、「此何遽不為福乎。」

居数月、其馬将胡駿馬而帰。人皆賀之。

其父曰、「此何遽不能為禍乎。」

家富良馬。其子好騎、堕而折其髀。人皆弔之。

其父曰、「此何遽不為福乎。」

居一年、胡人大入塞。

丁壮者引弦而戦、近塞之人、死者十九。

此独以跛之故、父子相保。

故福之為禍、禍之為福、化不可極、深不可測也。


[ 書き下し文 ]

夫れ禍福の転じて相生ずるは、其の変見え難きなり。
くゎふくてんじてあひしゃうずるは、そへんみがたきなり

塞上に近きの人に、術を善くする者有り。
さいじゃうちかきのひと、じゅつくするものあ

馬故無くして亡げて胡に入る。人皆之を弔す。
うまゆゑなくしてげて。ひとみなこれてう

其の父曰はく、「此れ何遽ぞ福と為らざらんや」と。
ほいはく、「こなんふくらざらんや

居ること数月、其の馬胡の駿馬を将ゐて帰る。人皆之を賀す。
ることすうげつ、そうまこしゅんめひきゐてかへ。ひとみなこれ

其の父曰く、「此れ何遽ぞ禍と為る能はざらんや」と。
ほいはく、「こなんくゎあたはざらんや

家良馬に富む。其の子騎を好み、堕ちて其の髀を折る。人皆之を弔す。
いへりゃうば。そこきこの、おちて。ひとみなこれてう

其の父曰く、「此れ何遽ぞ福と為らざらんや」と。
ほいはく、「こなんふくらざらんや

居ること一年、胡人大いに塞に入る。
ることいちねん、こひとおほいにさい

丁壮なる者弦を引きて戦ひ、塞に近きの人、死する者十に九なり。
ていさうなるものげんきてたたか、さいちかきのひと、しするものじふなり

此れ独り跛の故を以て、父子相保てり。
ひとゆゑもっ、ふしあひたもてり

故に福の禍と為り、禍の福と為るは、化極むべからず、
ゆゑふくくゎ、くゎふくるは、くゎきはむべからず

深測るべからざるなり。
しんはかるべからざるなり


[ 現代語訳 ]

一般に災いと福とは変化して交互に生じるが、その変化は見通しにくいものである。

砦の近くに住んでいる人に、占いの術の上手な者がいた。

馬が理由もなく逃げて胡の地に行った。人々は皆これを慰めた。

その老人は言った、「これがどうして福とならないだろうか、きっと福となる」と。

それから数ヶ月たち、その馬が胡の優れた馬を連れて帰ってきた。人々は皆これを祝った。

その老人は言った、「これがどうして災いにならないでいられようか、きっと災いになる」と。

家は良馬であふれた。その息子は乗馬を好み、落馬して自分のももの骨を折った。
人々は皆これを慰めた。

その老人は言った、「これがどうして福とならないだろうか、きっと福となる」と。

それから1年たち、胡の人が大挙して砦に攻めこんできた。

若者たちは弓を引いて戦い、砦の近くに住む者たちは、十人のうち九人が死んだ。

これひとりだけは足が不自由であったために、父子ともに命を保った。

それゆえに福が災いになり、災いが福となることについて、変化を見極めることはできず、
奥深さを推測することができないのである。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用