TOP漢文 ≫ 断腸 書き下し文・現代語訳

 断腸 書き下し文・現代語訳

断腸 (世説新語)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

断腸 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

桓公入蜀、至三峡中。

部伍中有得猨子者。

其母縁岸哀号、行百余里不去。

遂跳上船、至便即絶。

破視其腹中、腸皆寸寸断。

公聞之怒、命黜其人。


[ 書き下し文 ]

桓公蜀に入り、三峡の中に至る。
くゎんこうしょく、さんけふうちいた

部伍の中に猨子を得る者有り。
ぶごうちゑんしものあ

其の母岸に縁りて哀号し、行くこと百余里にして去らず。
ははきしりてあいがう、ゆくことひゃくよりにしてらず

遂に跳りて船に上り、至れば便即ち絶ゆ。
つひをどりてふねのぼ、いたればすなは

其の腹中を破り視れば、腸皆寸寸に断えたり。
ふくちゅうやぶれば、ちゃうみなすんずんえたり

公之を聞きて怒り、命じて其の人を黜けしむ。
こうこれきていか、めいじてひとしりぞけしむ


[ 現代語訳 ]

桓公は蜀に入り、三峡の中にたどり着いた。

部隊の中に子猿を捕まえた者がいた。

その母親が岸に沿って悲しそうに泣き叫び、百里あまり進んでも立ち去らない。

ついに跳んで船に乗り、たどり着くや否や息絶えた。

その腹の中を割いて見てみると、腸がすべてずたずたに断たれていた。

桓公はこれを聞いて怒り、命令してその人を罷免させた。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用