TOP漢文 ≫ 王昭君 書き下し文・現代語訳

 王昭君 書き下し文・現代語訳

王昭君 (西京雑記)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

王昭君 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

元帝後宮既多、不得常見。

乃使画工図形、案図、召幸之。

諸宮人皆賂画工、多者十万、少者亦不減五万。

独王嬙不肯、遂不得見。
   
匈奴入朝、求美人為閼氏。

於是上案図、以昭君行。

及去召見、貌為後宮第一。

善対応、挙止閑雅。

帝悔之、而名籍已定。

帝重信於外国。故不復更人。

乃窮案其事、画工皆棄市。

籍其家資皆巨万。


[ 書き下し文 ]

元帝の後宮既に多く、常には見ゆるを得ず。
げんていこうきゅうすでおほ、つねにはまみゆるを

乃ち画工をして形を図かしめ、図を案じ、召して之を幸す。
すなはぐわこうをしてかたちゑがかしめ、づあん、めしてこれかう

諸宮人皆画工に賂なひし、多き者は十万、
しょきゅうじんみなぐわこうまひなひし、おほものじふまん、

少なき者も亦五万を減ぜず。
すくなきものまたごまんげんぜず

独り王嬙のみ肯ぜず。遂に見ゆるを得ず。
ひとわうしやうのみがへんぜず。つひまみゆるを

匈奴入朝するや、美人を求めて閼氏と為さんとす。
きょうどにふてうするや、びじんもとめてえんしさんとす

是に於いて上図を案じ、昭君を以て行かしむ。
ここいてしゃうづあん、せうくんもっかしむ

去るに及びて召見するに、貌後宮第一たり。
るにおよびてせうけんするに、ばうこうきゅうだいいちたり

善く応対し、挙止閑雅なり。
おうたい、きょしかんがなり

帝之を悔ゆるも、名籍已に定まる。
ていこれゆるも、めいせきすでさだまる

帝信を外国に重んず。故に復た人を更へず。
ていしんがいこくおもんず。ゆえひとへず

乃ち其の事を窮案し、画工皆棄市せらる。
すなはこときゅうあん、ぐわこうみなきしせらる

其の家資を籍するに皆巨万なり。
かしせきするにみなきょまんなり


[ 現代語訳 ]

元帝の後宮はすでに多くて、いつもお目にかかれるわけではなかった。

そこで絵描きに容姿を描かせて、絵を調べ、呼び寄せてこれを寵愛した。

女官たちは皆それぞれ絵描きに賄賂を贈り、多い者は十万、少ない者も五万を下らなかった。

ただ王嬙だけは是認しなかった。それゆえお目にかかることができなかった。

匈奴が朝廷に参内し、女官をもらって皇后にしたいと言った。

そこで帝は絵を調べ、王昭君を行かせることにした。

去るにあたって呼び寄せて会ってみると、容貌は後宮で一番だった。

立派に受け答えをし、振る舞いも落ち着きがあり上品だった。

帝はこれを後悔したが、名簿はもう決まっていた。

帝は外国に対して信頼を重んじた。それゆえもう人を変更しなかった。

そしてこのことを徹底的に調べ、絵描きは皆死罪になり死体をさらされた。

その私的財産を調べあげると皆莫大であった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用