TOP漢文 ≫ 晏子之御 書き下し文・現代語訳

 晏子之御 書き下し文・現代語訳

晏子之御 (史記)

[ 原文 ]

晏子爲齋相、出。

其御之妻、從門閒而闚其夫。

其夫爲相御、擁大葢、策駟馬、意氣揚揚、甚自得也。

既而歸、其妻請去。夫問其故。

妻曰、「晏子長不滿六尺、身相齋國、名顯諸侯。

今者妾觀其出、志念深矣。常有以自下者。

今子長八尺、乃爲人僕御。

然子之意自以爲足。妾是以求去也。」

其後、夫自抑損。

晏子怪而問之。御以實對。

晏子薦以爲大夫。


[ 書き下し文 ]

晏子斉の相たりしとき、出づ。其の御の妻、門間より其の夫を闚ふ。
あんしせいしゃうたりしとき、い。そぎょつま、もんかんよりをっとうかが

其の夫相の御と為りて、大蓋を擁し、駟馬に策うち、意気揚揚として、
をっとしゃうぎょりて、たいがいよう、しばむちうち、いきやうやうとして

甚だ自得せり。
はなはじとくせり

既にして帰る。其の妻去らんことを請ふ。夫其の故を問ふ。
すでにしてかへ。そつまさらんことを。をっとそゆゑ

妻曰はく、「晏子長六尺に満たざるに、身は斉国の相たりて、
つまいはく、「あんしたけろくしゃくたざるに、みせいこくしゃうたりて

名は諸侯に顕る。今者妾其の出づるを観るに、志念深し。
しょこうあらは。いませふそづるをるに、しねんふか

常に以て自ら下る者有り。今、子長八尺なるに、
つねもっみづかくだことあ。いま、したけはっしゃくなるに

乃ち人の僕御たり。然るに子の意自ら以て足れりと為す。
すなはひとぼくぎょたり。しかるにいみづかもっれりと

妾是を以て去らんことを求むりなり」と。
せふここもっらんことをもとむるなり

其の後、夫自ら抑損す。晏子怪しみて之を問ふ。
のち、をっとみづかよくそん。あんしあやしみてこれ

御実を以て対ふ。晏子薦めて以て大夫と為す。
ぎょじつもっこた。あんしすすめてもったいふ


[ 現代語訳 ]

晏子が斉の宰相であったとき、外出した。

その御者の妻が、門のすきまから自分の夫をのぞき見していた。

その夫は宰相の御者となって、大きな日傘をかかえて、四頭だての馬にむち打ち、
意気揚揚として、とても得意げであった。

やがて帰ってきたときに、その妻は離縁することを願い出た。夫がその訳を尋ねた。

妻は言った、「晏子は身長が六尺にも足りませんが、その身は斉の国の宰相であり、
その名は諸侯に知れわたっています。

今日私がその外出するところを見ていると、思慮が深いのです。いつも自ら
へりくだった様子があります。

今、あなたは身長は八尺ですが、つまりは人に仕える御者なのです。

それなのに、あなたの気持ちは自ら満足しています。私はそれゆえ離縁することを
願い出たのです」と。

その後、夫は自分から抑えて謙虚にした。

晏子は不思議に思ってこれを尋ねた。御者はありのままに答えた。

晏子は推薦して大夫にした。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用