TOP漢文 ≫ 不死之薬 書き下し文・現代語訳

 不死之薬 書き下し文・現代語訳

不死之薬 (戦国策)

・ ニューバージョンを作成しました。語句・文法の解説付きです。
   ⇒ 不死之薬 現代語訳・書き下し文

[ 原文 ]

有献不死之薬於荊王者。謁者操之以入。

中射之士問曰、「可食乎。」

曰、「可。」因奪而食之。

王大怒使人殺中射之士。

中射之士使人説王曰、「臣問謁者。

謁者曰、『可食。』臣故食之。

是臣無罪而罪在謁者也。

且客献不死之薬、臣食之、而王殺臣、是死薬也。

是客欺王也。夫殺無罪之臣、而明人之欺王也。

不如釈臣。」王乃不殺。


[ 書き下し文 ]

不死の薬を荊王に献ずる者有り。謁者操りて以て入る。
ふしくすりけいわうけんずるものあ。えつしゃとりてもっ

中射の士問ひて曰はく、「食ふ可きか」と。
ちうしゃしとひてはく、「くらふきか

曰はく、「可なり」と。因りて奪ひて之を食ふ。
はく、「かなり。よりてうばひてこれくら

王大いに怒り人をして中射の士を殺さしむ。
わうおおいにいかひとをしてちうしゃころさしむ

中射の士人をして王に説かしめて曰はく、
ちうしゃしひとをしてわうかしめてはく

「臣謁者に問ふに、謁者曰はく、『食ふ可し』と。臣故に之を食ふ。
「しんえつしゃふに、えつしゃいはく、『くら。しんゆゑこれくら

是れ臣に罪無くして罪は謁者に在るなり。
しんつみなくしてつみえつしゃるなり

且つ客不死の薬を献じ、臣之を食ひて、王臣を殺さば、是れ死薬なり。
かくふしくすりけん、しんこれくらひて、わうしんころさば、こしやくなり

是れ客の王を欺くなり。
かくわうあざむくなり

夫れ無罪の臣を殺して、人の王を欺くを明らかにするなり。
むざいしんころして、ひとわうあざむくをあきらかにするなり

臣を釈すに如かず」と。王乃ち殺さず。
しんゆるすにかず。わうすなはころさず


[ 現代語訳 ]

不死の薬を荊王に献上した者があった。 取次はそれを持って(宮中に)入った。

侍従が尋ねた、「食えるのか」と。

取次は答えた、「食えます」と。すると、侍従は奪ってこれを食べた。

王は大いに怒って人に命じて侍従を殺させようとした。

侍従が人にたのんで王に弁解させて言った、

「私が取次に尋ねますと、取次は「食える」と答えました。 私はそれゆえこれを食べました。

ですから私に罪はなく罪は取次にあるのです。

さらに、客が不死の薬を献上し、私がそれを食べて、王が私を殺せば、
それは死薬になります。

つまり客が王を欺いたことになります。

無罪の私を殺して、人が王を欺いたことを明らかにすることになるのです。

私を赦されたほうがよろしいかと思います」と。そこで王は殺さなかった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用