TOP漢文 ≫ 売油翁 書き下し文・現代語訳

 売油翁 書き下し文・現代語訳

売油翁 (ばいゆをう) [ 帰田録 ]

[ 原文 ]

陳康粛公尭咨善射、当世無双。

公亦以此自矜。嘗射於家圃。

有売油翁、釈担而立、睨之久而不去。

見其発矢十中八九、但微頷之。

康粛問曰、「汝亦知射乎。吾射不亦精乎。」

翁曰、「無他。但手熟爾。」

康粛忿然曰、「爾安敢軽吾射。」

翁曰、「以我酌油知之。」

乃取一葫盧置於地、以銭覆其口、

徐以杓酌油瀝之。

自銭孔入、而銭不湿。

因曰、「我亦無他。惟手熟爾。」

康粛笑而遣之。



[ 書き下し文 ]

陳康粛公尭咨は射を善くし、当世無双なり。
ちんかうしゅくこうげうししゃくし、たうせいむさうなり

公も亦此れを以て自ら矜る。嘗て家圃に射る。
こうまたこれをもっみづかほこ。かっかほ

売油翁有り、担を釈きて立ち、之を睨ること久しくして去らず。
ばいゆをうあ、たんきて、これることひさしくしてらず

其の矢を発するに十に八九を中つるを見て、但だ微かに之に頷くのみ。
はっするにじふはちくつるを、たかすかにこれうなづくのみ

康粛問ひて曰はく、「汝も亦射を知るか。吾が射亦精ならずや」と。
かうしゅくとひてはく、「なんぢまたしゃるか。わしゃまたせいならずや

翁曰はく、「他無し。但だ手の熟せるのみ」と。
をういはく、「たな。たじゅくせるのみ

康粛忿然として曰はく、「爾安くんぞ敢へて吾が射を軽んずる」と。
かうしゅくふんぜんとしてはく、「なんぢいづくんぞへてしゃかろんずる

翁曰はく、「我が油を酌むを以て之を知る」と。
をういはく、「わあぶらむをもっこれ

乃ち一葫盧を取りて、地に置き、銭を以て其の口を覆ひ、
すなはいちころりて、ち、せんもっくちおほ

徐に杓を以て油を酌み之を瀝らす。
おもむろしゃくもっあぶらこれしたたらす

銭孔より入り、而も銭は湿はず。因りて曰はく、
せんこうより、しかせんうるほはず。よりてはく

「我も亦他無し。惟だ手の熟せるのみ」と。康粛笑ひて之を遣る。
「われまたたな。たじゅくせるのみ。かうしゅくわらひてこれ


[ 現代語訳 ]

陳康粛公堯は、弓が上手で、世に並ぶ者がいなかった。

公もまたこれを誇りにしていた。ある日家の畑の練習場で弓を射ていた。

油売りの老人がいて、荷物を下ろして立ったまま、これをじっと見つめていて
長いこと立ち去らない。

康粛公が矢を射て十本に八・九本命中させるのを見て、ただわずかにうなずくだけだった。

康粛公が尋ねて言った、「おまえも弓を射ることを知っているのか。
私の弓はなんと正確ではないか」と。

老人が言った、「他でもない。ただ手慣れているだけです」と。

康粛公が怒って言った、「お前はどうして私の弓を軽く見るのか」と。

老人が言った、「私は油を酌んでいるからそれがわかるのです」と。

そこで、一つのひょうたんを取って、地面に置き、銭でその口を覆って、

ゆっくりと柄杓で油を酌みしたたらせる。

銭の穴から入り、しかも銭はぬれない。そして老人は言った、

「私もまた他でもありません。ただ手慣れているだけです」と。康粛公は笑って
老人を立ち去らせた。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用