TOP論語 ≫ 「己所不欲、勿施於人」 (論語・顔淵) 書き下し文・現代語訳

 「己所不欲、勿施於人」 (論語・顔淵) 書き下し文・現代語訳

「己所不欲、勿施於人」(論語・顔淵)

[ 原文 ]

仲弓問仁。

子曰、「出門如見大賓、使民如承大祭。

己所不欲、勿施於人。

在邦無怨、在家無怨。」

仲弓曰、「雍雖不敏。請事斯語矣。」


[ 書き下し文 ]

仲弓仁を問ふ。

子曰はく、「門を出でては大賓を見るがごとくし、民を使ふには大祭に承ふるがごとくす。

己の欲せざる所は、人に施すこと勿かれ。

邦に在りても怨み無く、家に在りても怨み無し。」と。

仲弓曰は、「雍不敏なりと雖も、請ふ斯の語を事とせん。」と。


[ 現代語訳 ]

仲弓が仁について尋ねた。

孔子は言った、「家の外では大切な客人を接待するときのようにし、

人民を使役するときには大切な祭祀を執行するときのようにする。

自分がしてほしくないことは、人にしてはいけない。

(そうすると)国に仕えても怨まれることがなく、家にいても怨まれることがない」と。

仲弓は言った、「雍は愚か者ですが、このお言葉を大切にしたいと思います」と。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用