TOP徒然草 ≫ あだし野の露消ゆる時なく (徒然草・第七段) 現代語訳

 あだし野の露消ゆる時なく (徒然草・第七段) 現代語訳

あだし野の露消ゆる時なく (徒然草・第七段)

[ 原文 ]

あだし野の露消ゆる時なく、鳥部山の煙立ち去らでのみ住み果つる習ひならば、

いかにもののあはれもなからん。

世は定めなきこそ、いみじけれ。

命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。

かげろふの夕を待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。

つくづくと一年を暮すほどだにも、こよなうのどけしや。

飽かず、惜しと思はば、千年を過すとも、一夜の夢の心地こそせめ。

住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて、何かはせん。命長ければ辱多し。

長くとも、四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。

そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出で交らはん事を思ひ、

夕の陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、

ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。


[ 現代語訳 ]

あだし野の露が消える時がなく、鳥部山の煙が立ち去らないで永久に生き続ける

習いであったならば、さぞやしみじみとした深い感動もないだろう。

この世は無常であるからこそ、すばらしいのである。

生命のあるものを見ると、人間ほど長生きするものはない。

かげろうが夕方を待たず、夏の蝉が春や秋を知らない、そんなのもあるのだ。

心静かに一年を暮らす間でさえも、このうえなくのんびりしたものなのだ。

満足しないで、惜しいと思うならば、千年を過ごしても、一夜の夢のような

気持ちがするだろう。

永久に生き続けない世で、醜い姿になるまで生きてなんになろうか。

長生きをすれば恥をかくことが多い。

長くても、四十歳に足りないくらいで死ぬのが、見苦しくないだろう。

その年ごろを過ぎてしまうと、容貌を恥じる心もなく、人前に出て交際しようと思い、

夕日に子や孫をかわいがり、栄えてゆく将来を見とどけるまでの命を期待し、

いちずに俗世の名誉や利益を追求する心だけが深く、

ものの情趣もわからなくなってゆくのは、まことに情けない。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用