TOP徒然草 ≫ 亀山殿の御池に (徒然草) 現代語訳

 亀山殿の御池に (徒然草) 現代語訳

亀山殿の御池に (徒然草)

[ 原文 ]

亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられんとて、

大井の土民におほせて、水車をつくらせられけり。

多くの銭を給ひて、数日に営みいだしてかけたりけるに、

おほかためぐらざりければ、とかく直しけれども、

つひにまはらで、いたづらに立てりけり。

さて、宇治の里人を召してこしらへさせられければ、

やすらかに結ひて参らせたりけるが、思ふやうにめぐりて、

水を汲み入るる事めでたかりけり。

よろづにその道を知れる者は、やんごとなきものなり。


[ 現代語訳 ]

亀山離宮のお池に、大井川の水をお引きになろうとして、

大井の土地の者に言いつけられて、水車を作らせなさった。

たくさんのお金を与えられて、何日も苦心して作り川にかけたのだが、

まったく回らないので、いろいろと修理したが、

とうとう回らないで、何の役にもたたないまま立っていた。

そこで、宇治の里の者をお呼びになり作らせなさったら、

やすやすと組み立てて差し上げたのが、思いどおりに回って、

水を汲み入れること、すばらしかった。

何事においてもその道を会得している者は、尊いものである。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用