TOP枕草子 ≫ 中納言参りたまひて (枕草子) 現代語訳

 中納言参りたまひて (枕草子) 現代語訳

[ 中納言参りたまひて ](枕草子)

[ 原文 ]

中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、

「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。それを張らせて参らせむとするに、

おぼろけの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり」と申したまふ。

「いかやうにかある」と問ひきこえさせたまへば、

「すべていみじうはべり。『さらにまだ見ぬ骨のさまなり』となむ人々申す。

まことにかばかりのは見えざりつ」と言高くのたまへば、

「さては扇のにはあらで、くらげのななり」と聞ゆれば、

「これは隆家が言にしてむ」とて笑ひたまふ。

かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、

「一つな落としそ」といへば、いかがはせむ。


[ 現代語訳 ]

中納言が参上されて、御扇を献上されるときに、

「隆家はすばらしい骨を手に入れています。それを張らせて差しあげようと思いますが、

ふつうの紙は張れないでしょうから、探しているところです」と申しあげられる。

「どのようなものですか」とおたずねなさると、

「すべてがすばらしいのです。『まったく見たこともない骨のありさまだ』と人々が申します。

ほんとうにこれほどの骨は見たことがありません」と声高におっしゃるので、

「それでは扇の骨ではなくて、くらげの骨なんですね」と申しあげると、

「これは隆家が言ったことにしよう」といってお笑いになる。

このようなことは、聞き苦しいことの中に入れるべきですが、

「一つも書きもらすな」というので、どうにもしかたがない。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用