TOP漢文 ≫ 死せる諸葛生ける仲達を走らす (死諸葛走生仲達) 書き下し文・現代語訳

 死せる諸葛生ける仲達を走らす (死諸葛走生仲達) 書き下し文・現代語訳

死諸葛走生仲達 (十八史略)

[ 原文 ]

亮数挑司馬懿戦。懿不出。

乃遺以巾幗婦人之服。亮使者至懿軍。

懿問其寢食及事煩簡、而不及戎事。

使者曰、「諸葛公夙興夜寐、罰二十以上皆親覧。

所噉食不至數升。」

懿告人曰、「食少事煩、其能久乎。」


亮病篤。有大星。赤而芒。

墜亮営中。未幾亮卒。

長史楊儀整軍還。

百姓奔告懿。懿迫之。

姜維令儀反旗鳴鼓、若将向懿。

懿不敢逼。

百姓為之諺曰、「死諸葛走生仲達。」

懿笑曰、「吾能料生、不能料死。」


[ 書き下し文 ]

亮数々懿に戦ひを挑む。懿出でず。
りゃうしばしばいたたかひをいどめども、いいでず

乃ち遺るに巾幗婦人の服を以てす。亮の使者懿の軍に至る。
すなはおくるにきんくゎんふじんふくもってす。りゃうししゃいぐんいた

懿其の寝食及び事の煩簡を問ふも、戎事に及ばず。
いそしんしょくおよことはんかんふも、じゅうじおよばず

使者曰はく、「諸葛公は夙に興き夜に寐ね、罰二十以上は
ししゃいはく、「しょかつこうつとよは、ばつにじふいじゃう

皆親ら覧る。噉食する所は数升に至らず」と。
みなみづか。たんしょくするところすうしょういたらず

懿人に告げて曰はく、「食少なく事煩はし。其れ能く久しからんや」と。
いひとげてはく、「しょくすくなくことわずらはし。そひさしからんや

亮病篤し。大星有り。赤くして芒あり。
りゃうやまひあつ。たいせいあ。あかくしてばうあり

亮の営中に墜つ。未だ幾ならずして亮卒す。
りゃうえいちゅう。いまいくばくならずしてりゃうしゅつ

長史楊儀軍を整へて還る。
ちゃうしやうぎぐんととのへてかへ

百姓奔りて懿に告ぐ。懿之を追ふ。
ひゃくせいはしりて。いこれ

姜維儀をして旗を反し鼓を鳴らし、将に懿に向かはんとするがごとくせしむ。
きゃうゐぎをしてはたかへらし、まさかはんとするがごとくせしむ

懿敢へて逼らず。百姓之が為に諺して曰はく、
いあへてせまらず。ひゃくせいこれためことわざしてはく

「死せる諸葛生ける仲達を走らす」と。
「しせるしょかついけるちゅうたつはしらす

懿笑ひて曰はく、「吾能く生を料るも、死を料る能はず」と。
いわらひてはく、「われよせいはかるも、しはかあたはず


[ 現代語訳 ]

諸葛亮はしばしば司馬懿に戦いを挑んだ。懿は出てこなかった。

そこで女性の髪を包む布と婦人服を贈った。亮の使者が魏の軍に到着した。

懿はその寝食や仕事が忙しいか否かについて尋ねても、軍事には触れなかった。

使者が言った、「諸葛公は早朝に起き夜更けに寝て、杖で二十回たたく刑以上の者は

皆自分で調べる。食事は数升に満たない」と。

懿が人に告げて言った、「食事の量は少なく仕事は多忙である。
それでは長生きできないだろう」と。

亮が重病になった。大きな星があった。赤くて尾を引いていた。

亮の陣営の中に落ちた。それほど経たないうちに亮は亡くなった。

長史の楊儀は軍を整えて引き上げた。

土地の者がかけつけて懿に報告した。懿はこれを追った。

姜維は楊儀に旗の向きを変えて進軍の太鼓を打ち鳴らし、いまにも懿に対して
進撃するかのようにさせた。

懿はあえて近づかなかった。土地の者はこれを諺にして言った、

「死んだ諸葛が生きている仲達を逃げさせた」と。

懿が笑って言った、「生きている者は推測できるが、死んだ者は推測できない」と。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用