TOP漢文 ≫ 鴻門之会・項羽大いに怒る (史記) 書き下し文・現代語訳

 鴻門之会・項羽大いに怒る (史記) 書き下し文・現代語訳

鴻門之会・項羽大いに怒る (史記)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

鴻門之会・項羽大いに怒る 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

楚軍行略定秦地、至函谷関。

有兵守関、不得入。

又聞沛公已破咸陽、項羽大怒、

使当陽君等撃関。

項羽遂入、至于戯西。

沛公軍霸上、未得与項羽相見。

沛公左司馬曹無傷使人言於項羽曰、

「沛公欲王関中、使子嬰為相、

珍宝尽有之。」

項羽大怒曰、「旦日饗士卒。

為撃破沛公軍。」

当是時、項羽兵四十万、在新豊鴻門。

沛公兵十万、在霸上。范増説項羽曰、

「沛公居山東時、貪於財貨、好美姫。

今入関、財物無所取、婦女無所幸。

此其志不在小。吾令人望其気、

皆為竜虎、成五采。此天子気也。

急撃、勿失。」


[ 書き下し文 ]

楚軍行秦の地を略定し、函谷関に至る。
そぐんゆくゆくしんりゃくてい、かんこくくゎんいた

兵有り関を守り、入るを得ず。
へいあくゎんまも、いるを

又沛公已に咸陽を破ると聞き、項羽大いに怒り、
またはいこうすでかんやうやぶると、かううおほいにいか

当陽君等をして関を撃たしむ。
たうやうくんらをしてくゎんたしむ

項羽遂に入りて、戯西に至る。
かううついりて、ぎせいいた

沛公霸上に軍し、未だ項羽と相見ゆるを得ず。
はいこうはじゃうぐん、いまかううあひまみゆるを

沛公の左司馬曹無傷人をして項羽に言はしめて曰はく、
はいこうさしばそうむしゃうひとをしてかううはしめてはく

「沛公関中に王たらんと欲し、子嬰をして相たらしめ、
「はいこうくゎんちゅうわうたらんとほっ、しえいをしてしゃうたらしめ

珍宝尽く之を有す」と。
ちんぽうことごとこれゆう

項羽大いに怒りて曰はく、「旦日士卒を饗せよ。
かううおほいにいかりてはく、「たんじつしそつきゃうせよ

沛公の軍を撃破することを為さん」と。
はいこうぐんげきはすることをさん

是の時に当たり、項羽の兵は四十万、新豊の鴻門に在り。
ときたり、かううへいしじふまん、しんぽうこうもん

沛公の兵は十万、霸上に在り。范増項羽に説きて曰はく、
はいこうへいじふまん、はじゃう。はんぞうかううきてはく

「沛公山東に居りし時、財貨を貪り、美姫を好めり。
「はいこうさんとうりしとき、ざいくゎむさぼ、びきこのめり

今関に入りて、財物取る所無く、婦女幸する所無し。
いまくゎんりて、ざいぶつとところな、ふじょかうするところな

此れ其の志小に在らず。吾人をして其の気を望ましむるに、
こころざしせうらず。われひとをしてのぞましむるに

皆竜虎を為し、五采を成す。此れ天子の気なり。
みなりゅうこ、ごさい。こてんしなり

急ぎ撃ちて、失すること勿かれ」と。
いそ、しっすることかれ


[ 現代語訳 ]

楚軍は前進しながら秦の領地を攻略し平定して、函谷関に到着した。

兵が関所を守っていて、中に入ることができなかった。

また沛公がすでに咸陽を破ったと聞いて、

項羽は非常に怒り、当陽君らに関所を攻撃させた。

項羽はそのまま入り、戯西に到着した。

沛公は覇上に陣をしき、まだ項羽に会うことができなかった。

沛公の左司馬曹無傷が人をやって項羽に言わせた、

「沛公は関中で王となろうとして、子嬰を宰相にし、

珍しい財宝をすべて自分のものにしました」と。

項羽が非常に怒って言った、「明朝兵士たちにごちそうをふるまえ。

沛公の軍を撃破しよう」と。

ちょうどこのとき、項羽の兵は四十万で、新豊の鴻門に陣をしいていた。

沛公の軍は十万で、覇上に陣をしいていた。范増が項羽に説いて言った、

「沛公が山東にいたときは、財貨を飽きることなく手に入れ、美女を好んでいました。

今関中に入って、財物を取ることもないし、婦女を寵愛することもありません。

これはその志が小さくないということです。わたしが人にその気を見させたところ、

すべてが竜や虎を形成していて、五色に彩られていました。これは天子の気です。

すぐに攻撃して、取り逃がしてはなりません」と。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用