TOP漢文 ≫ 鴻門之会・剣の舞 (史記) 書き下し文・現代語訳

 鴻門之会・剣の舞 (史記) 書き下し文・現代語訳

鴻門之会・剣の舞 (史記)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

鴻門之会・剣の舞 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)


[ 原文 ]

沛公旦日従百余騎、来見項王。

至鴻門、謝曰、

「臣与将軍戮力而攻秦。

将軍戦河北、臣戦河南。

然不自意、能先入関破秦、

得復見将軍於此。

今者有小人之言、令将軍与臣有郤。」

項王曰、「此沛公左司馬曹無傷言之。

不然、籍何以至此。」

項王即日因留沛公与飲。

項王・項伯東嚮坐、亜父南嚮坐。

亜父者范増也。

沛公北嚮坐、張良西嚮侍。

范増数目項王、挙所佩玉玦、

以示之者三。項王黙然不応。

范増起、出召項荘、謂曰、

「君王為人不忍。若入、前為寿。

寿畢、請以剣舞、因撃沛公於坐殺之。

不者、若属皆且為所虜。」

荘則入為寿。寿畢曰、

「君王与沛公飲。軍中無以為楽。

請以剣舞。」項王曰、「諾。」

項荘抜剣起舞。

項伯亦抜剣起舞、常以身翼蔽沛公。

荘不得撃。


[ 書き下し文 ]

沛公旦日百余騎を従へ、来たりて項王に見えんとす。
はいこうたんじつひゃくよきしたが、きたりてかうわうまみえんとす

鴻門に至り、謝して曰はく、
こうもんいた、しゃしてはく

「臣将軍と力を戮はせて秦を攻む。
「しんしゃうぐんちからはせてしん

将軍は河北に戦ひ、臣は河南に戦ふ。
しゃうぐんかほくたたか、しんかなんたたか

然れども自ら意はざりき、能く先に関に入りて秦を破り、
しかれどもみづかおもはざりき、よくゎんりてしんやぶ

復た将軍に此に見ゆることを得んとは。
しゃうぐんここまみゆることをんとは

今者小人の言有り、将軍をして臣と郤有らしむ」と。
いませうじんげんあ、しゃうぐんをしてしんげきあらしむ

項王曰はく、「此れ沛公の左司馬曹無傷これを言ふ。
かうわういはく、「こはいこうさしばさうむしゃうこれ

然らずんば、籍何を以てここに至らん」と。
しからずんば、せきなにもっここいたらん

項王即日因りて沛公を留めて与に飲む。
かうわうそくじつよりてはいこうとどめてとも

項王・項伯は東嚮して坐し、亜父は南嚮して坐す。
かうわう・かうはくとうきゃうして、あほなんきょうして

亜父とは范増なり。
あほとははんぞうなり

沛公は北嚮して坐し、張良は西嚮して侍す。
はいこうほくきゃうして、ちゃうりゃうせいきゃうして

范増数項王に目し、佩ぶる所の玉玦を挙げて、
はんぞうしばしばかうわうもく、おぶるところぎょくけつげて

以て之に示す者三たびす。項王黙然として応ぜず。
もっこれしめことみたびす。かうわうもくぜんとしておうぜず

范増起ち、出でて項荘を召し、謂ひて曰はく、
はんぞうた、いでてかうさう、いひてはく

「君王人と為り忍びず。若入り、前みて寿を為せ。
「くんわうはいこう。ぐんちゅうもっがく

寿畢はらば、請ひて剣を以て舞ひ、因りて沛公を坐に撃ちて之を殺せ。
じゅをはらば、こひてけんもっ、よりてはいこうちてこれころ

不者ずんば、若が属皆且に虜とする所と為らん」と。
しからずんば、なんぢぞくみなまさとりことするところらん

荘則ち入りて寿を為す。寿畢はりて曰はく、
さうすなはりてじゅ。じゅをはりてはく

「君王沛公と飲む。軍中以て楽を為す無し。
「くんわうはいこう。ぐんちゅうもっがく

請ふ剣を以て舞はん」と。項王曰はく、「諾」と。
けんもっはん。かうわういはく、「だく」

項荘剣を抜き起ちて舞ふ。
かうさうけんちて

項伯も亦剣を抜き起ちて舞ひ、常に身を以て沛公を翼蔽す。
かうはくまたけんちて、つねもっはいこうよくへい

荘撃つを得ず。
さううつを


[ 現代語訳 ]

沛公は翌朝百騎余りの兵を従えて、項王に面会しようとやって来た。

鴻門に着き謝って言った、「私は将軍と力を合わせて秦を攻撃しました。

将軍は河北で戦い、私は河南で戦いました。

しかし自分でも思いませんでした、先に関中に入って秦を破り、

また将軍とここで会うことができるとは。

今つまらない者の告げ口があり、将軍と私を仲違いさせようとしています」と。

項王が言った、「これは沛公の左司馬曹無傷がそう言ったのだ。

そうでなければ、私はどうしてこんなことまでするだろうか」と。

項王はその日沛公を留めていっしょに酒を飲んだ。

項王と項伯は東向きに座り、亜父は南向きに座った。

亜父とは范増のことである。

沛公は北向きに座り、張良は西向きに控えた。

范増はたびたび項羽に目配せをし、腰につけた玉決を持ち上げて、

項王に何回も見せた。項王は黙ったままで応じなかった。

范増は立ちあがって、外に出て項荘を呼び寄せ、言いつけた、

「君王の人柄では(暗殺に)耐えられない。

お前が入って、進み出て長寿を祝え。

長寿を祝うのが終わったら、願い出て剣の舞をし、その機会に沛公を席上で撃ち殺せ。

そうしないと、お前の一族は皆捕虜にされてしまうだろう」と。

項荘はそこで入って長寿の祝いをした。長寿の祝いが終わって言った、

「君王は沛公と酒を飲んでいます。軍中なので何の楽しみもありません。

どうか剣の舞をさせてください」と。項王が言った、「よかろう」と。

項荘は剣を抜いて立ちあがって舞った。

項伯もまた剣を抜いて立ちあがって舞い、常に自分の体で沛公をかばった。

項荘は撃つことができなかった。


関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用