TOP徒然草 ≫ 静かに思へば (徒然草) 現代語訳

 静かに思へば (徒然草) 現代語訳

静かに思へば (徒然草)

[ 原文 ]

静かに思へば、よろづに過ぎにしかたの恋しさのみぞせんかたなき。

人静まりてのち、長き夜のすさびに、何となき具足とりしたため、

残しおかじと思ふ反古など破り捨つる中に、亡き人の手ならひ、

絵かきすさびたる見いでたるこそ、ただその折の心地すれ。

このごろある人の文だに、久しくなりて、いかなるをり、

いつの年なりけんと思ふは、あはれなるぞかし。

手慣れし具足なども、心もなくて変はらず久しき、いとかなし。


[ 現代語訳 ]

静かに思いにふけると、何事につけても過ぎ去ってしまった昔の恋しさだけはどうしようもない。

人が寝静まって後、長い夜の慰みに、どれということもない身のまわりの道具類を整理して、

残しておくまい思う不要になった紙などを破り捨てる中に、亡くなった人が字を書き散らしたり、

絵を書き興じたりしたものを見つけだした時は、まるでその当時にたち返ったような
気持ちがする。

現在生きている人の手紙でさえ、長い年月がたって、どういう場合、

いつの年であっただろうと思うのは、しみじみと感慨深いものであることよ。

使い慣れた道具類なども、無心で変わらないままにいつまでもあるのは、
たいへん悲しいものだ。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用