TOP漢文 ≫ 桃花源記 書き下し文・現代語訳

 桃花源記 書き下し文・現代語訳

桃花源記 (陶淵明集)

・ ニューバージョンを作成しました。語句・文法の解説付きです。
   ⇒ 桃花源記 現代語訳・書き下し文

[ 原文 ]

晋太元中、武陵人捕魚為業。

縁渓行、忘路之遠近。

忽逢桃花林。

夾岸数百歩、中無雑樹。

芳草鮮美、落英繽紛。

漁人甚異之。復前行、欲窮其林。

林尽水源、便得一山。

山有小口、髣髴若有光。

便捨船、従口入。

初極狭纔通人。

復行数十歩、豁然開朗。

土地平曠、屋舎儼然。

有良田・美池・桑竹之属。

阡陌交通、鶏犬相聞。

其中往来種作男女衣着、悉如外人。

黄髪垂髫、並怡然自楽。

見漁人、乃大驚、問所従来。具答之。

便要還家、設酒殺鶏作食。

村中聞有此人、咸来問訊。

自云、「先世避秦時乱、率妻子邑人、

来此絶境、不復出焉。遂与外人間隔。」

問、「今是何世。」

乃不知有漢、無論魏・晋。

此人一一為具言所聞、皆歎惋。

余人各復延至其家、皆出酒食。

停数日辞去。

此中人語云、「不足為外人道也。」

既出得其船、便扶向路、処処誌之。

及郡下、詣太守説如此。

太守即遣人随其往、尋向所誌、遂迷不復得路。

南陽劉子驥高尚士也。聞之、欣然規往。

未果、尋病終。

後遂無問津者。


[ 書き下し文 ]
    
晋の太元中、武陵の人魚を捕ふるを業と為す。
しんたいげんちゅう、ぶりょうひとうをとらふるをげふ

渓に縁りて行き、路の遠近を忘る。
たにりて、みちゑんきんわす

忽ち桃花の林に逢ふ。
たちまたうくゎはやし

岸を夾むこと数百歩、中に雑樹無し。
きしはさむことすうひゃっぽ、うちざつじゅな

芳草鮮美、落英繽紛たり。
はうさうせんび、らくえいひんぷんたり

漁人甚だ之を異とす。復た前に行きて、其の林を窮めんと欲す。
ぎょじんはなはこれとす。ままへきて、そはやしきはめんとほっ

林水源に尽き、便ち一山を得たり。
はやしすいげん、すなはいちざんたり

山に小口有り、髣髴として光有るがごとし。
やませうこうあ。はうふつとしてひかりあるがごとし

便ち船を捨てて口より入る。
すなはふねててくちより

初めは極めて狭く、纔かに人を通ずるのみ。
はじめはきはめてせま、わづかにひとつうずるのみ

復た行くこと数十歩、豁然として開朗なり。
くことすうじっぽ、くゎつぜんとしてかいらうなり

土地平曠、屋舎儼然たり。
とちへいくゎう、をくしゃげんぜんたり

良田・美池・桑竹の属有り。
りゃうでん・びち・さうちくぞくあ

阡陌交通じ、鶏犬相聞こゆ。
せんぱくこもごもつう、けいけんあひきこゆ

其の中に往来し種作する男女の衣着は、悉く外人のごとし。
なかわうらいしゅさくするだんじょいちゃく、ことごとぐゎいじんのごとし

黄髪垂髫、並びに怡然として自ら楽しむ。
くゎうはつすいてう、ならびにいぜんとしてみづかたのしむ

漁人を見て、乃ち大いに驚き、従りて来たる所を問ふ。
ぎょじん、すなはおほいにおどろ、よりてたるところ
          
具に之に答ふ。
つぶさこれこた
                            
便ち要へて家に還り、酒を設け鶏を殺して食を作る。
すなはむかへていへかへ、さけまうにはとりころしてしょくつく
           
村中此の人有るを聞き、咸来たりて問訊す。
そんちゅうこひとあるを、みなきたりてもんじん
               
自ら云ふ、「先世秦時の乱を避け、妻子邑人を率ゐて、
みづか、「せんせいしんじらん、さいしいふじんひきゐて
          
此の絶境に来たり、復た出でず。遂に外人と間隔す」と。
ぜっきゃうたり、までず。つひぐゎいじんかんかく
         
問ふ、「今は是れ何の世ぞ」と。
、「いまなん

乃ち漢有るを知らず、魏・晋に論無し。
すなはかんあるをらず、ぎ・しんろんな
  
此の人一一為に具に聞く所を言ふに、皆歎惋す。
ひといちいちためつぶさところふに、みなたんわん
             
余人各復た延きて其の家に至り、皆酒食を出だす。
よじんおのおのまきていへいた、みなしゅしょくだす
            
停まること数日にして辞去す。
とどまることすうじつにしてじきょ
                     
此の中の人語げて云ふ、「外人の為に道ふに足らざるなり」と。
なかひとつげて、「ぐゎいじんためふにらざるなり
      
既に出でて其の船を得、便ち向の路に扶り、処処に之を誌す。
すででてふねえ、すなはさきみち、しょしょこれしる
      
郡下に及び、太守に詣りて説くこと此くのごとし。
ぐんかおよ、たいしゅいたりてくことくのごとし
            
太守即ち人をして其れに随ひて往き、向に誌しし所を
たいしゅすなはひとをしてれにしたがひて、さきしるししところ
           
尋ねしめしも、遂に迷ひて復た路を得ず。
たづねしめしも、つひまよひてみち
                
南陽の劉子驥は高尚の士なり。之を聞き、欣然として往かんことを規る。
なんやうりうしきかうしゃうなり。これ、きんぜんとしてかんことをはか
                                     
未だ果たさずして、尋いで病みて終はる。
いまたさずして、ついでみてはる

後遂に津を問ふ者無し。
のちつひしんものな


[ 現代語訳 ]

晋の太元年間に、武陵の人が魚を捕らえることを仕事にしていた。

谷川に沿って行くうちに、どのくらい来たのかわからなくなった。

思いがけず桃の花の林に出会った。

川岸をはさんで数百歩、その中に他の樹木はなかった。

よい香りの草が色鮮やかに生えていて、散った花びらがひらひらしている。

漁師はとてもこれを不思議に思って、さらに先に進んで行き、その林を見極めようと思った。

林は水源のところで終わり、そこに一つの山があった。

山に小さな穴があいていて、ぼんやりとして光が見えるようだった。

そこで船を降りて、入り口から入った。

はじめのうちは非常に狭く、やっと人が通れるくらいだった。

さらに数十歩行くと、からっと開けて明るくなった。

土地は平らで広く、家々はきちんと整っていた。

立派な田、美しい池、桑や竹のたぐいがあった。

あぜ道が交わって通じ、鶏や犬の鳴き声があちこちから聞こえてきた。

その中を行き来して農作業する男女の着衣は、どれも外の世界の人のものと同様であった。

老人も子供も、皆それぞれ喜び楽しんでいた。

漁師を見て、そして非常に驚き、どこから来たのかを尋ねた。

詳しくそれに答えた。

そこで迎えて家に帰り、酒を用意し鶏を殺して食事を作った。

村中がこの人のいることを聞いて、皆やって来て聞きただした。

自分から言った、「先祖は秦の時代の戦乱を避け、妻子や村人たちを引きつれて、

この人里離れた所に来て、二度と出なかった。そして外部の人と隔たってしまった」と。

問うた、「今はどんな世なのか」と。

なんと漢があったことを知らず、魏・晋は言うまでもない。

この人がいちいち村人たちのために詳しく聞き知っていることを話すと、驚き嘆息した。

ほかの人たちもそれぞれまた招いてその家に連れて行き、皆が酒や食事を出した。

数日間滞在して、別れのあいさつをして立ち去ることにした。

その中の人が告げて言った、「外部の人には言わないでください」と。

村を出てから自分の船を見つけ、すぐにもと来た道をたどり、あちこちに目印をつけた。

郡の役所のある町に着いて、長官の所にやって来て以上のようなことを話した。

長官はただちに人を派遣して猟師について行かせ、前に目印をつけておいた所を

たずねさせたが、そのまま迷って道を二度とは見つけなかった。

南陽の劉子驥は志の高い人物だった。これを聞いて、喜んで行くことを計画した。

まだ実行しないうちに、まもなく病気で死んだ。

その後はそのまま渡し場を尋ねる者はいなかった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用