TOP論語 ≫ 暴虎馮河 (論語・述而) 書き下し文・現代語訳

 暴虎馮河 (論語・述而) 書き下し文・現代語訳

暴虎馮河 (論語・述而)

[ 原文 ]

子謂顏淵曰、「用之則行、舍之則蔵。

唯我与爾有是夫。」

子路曰、「子行三軍則誰与。」

子曰、「暴虎馮河、死而無悔者、吾不与也。

必也臨事而懼、好謀而成者也。」


[ 書き下し文 ]

子顔淵に謂ひて曰はく、「之を用ふれば則ち行なひ、之を舎つれば則ち蔵る。

唯だ我と爾と是有るかな」と。

子路曰はく、「子三軍を行なはば、則ち誰と与にせん」と。

子曰はく、「暴虎馮河し、死して悔い無き者は、吾与にせざるなり。

必ずや事に臨みて懼れ、謀を好みて成さん者なり」と。


[ 現代語訳 ]

先師が顔淵に向かって言った、「用いられれば世間で道を実行し、用いられなければ

世間から隠れて道を実行する。こんなことができるのは、私とお前だけだろう」と。

子路が言った、「先生が三軍を指揮するときは、誰といっしょに行動しますか」と。

先師が言った、「素手で虎に立ち向かったり、徒歩で大河を渡ったりして、

死んでも後悔しないような人とは、私はいっしょに行動しない。

必ず、何か事を処理するときに非常に用心深くて、

綿密な計略を立ててその事を成し遂げるような人物である」と。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用