TOP漢文 ≫ 鴻門之会・樊噲、頭髪上指す 書き下し文・現代語訳

 鴻門之会・樊噲、頭髪上指す 書き下し文・現代語訳

鴻門之会・樊噲、頭髪上指す (史記)

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

鴻門之会・樊噲頭髪上指す 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

ホームページでブログの内容を補充しています。

[ 原文 ]

於是張良至軍門、見樊噲。

樊噲曰、「今日之事何如。」

良曰、「甚急。今者項荘抜剣舞。其意常在沛公也。」

噲曰、「此迫矣。臣請、入与之同命。」

噲即帯剣擁盾入軍門。

交戟之衛士、欲止不内。

樊噲側其盾、以撞衛士仆地。

噲遂入、披帷西嚮立、瞋目視項王。

頭髪上指、目眥尽裂。

項王按剣而跽曰、「客何為者。」

張良曰、「沛公之参乗、樊噲者也。」

項王曰、「壮士、賜之卮酒。」

則与斗卮酒。噲拝謝起、立而飲之。

項王曰、「賜之彘肩。」則与一生彘肩。

樊噲覆其盾於地、加彘肩上、抜剣、切而啗之。

項王曰、「壮士、能復飲乎。」

樊噲曰、「臣死且不避、卮酒安足辞。

夫秦王有虎狼之心。殺人如不能挙、

刑人如恐不勝。天下皆叛之。

懐王与諸将約曰、

『先破秦入咸陽者、王之。』

今、沛公先破秦入咸陽。豪毛不敢有所近。

封閉宮室、還軍霸上、以待大王来。

故遣将守関者、備他盗出入与非常也。

労苦而功高如此、未有封侯之賞。

而聴細説、欲誅有功之人。

此亡秦之続耳。窃為大王不取也。」

項王未有以応。曰、「坐。」

樊噲従良坐。

坐須臾、沛公起如廁、因招樊噲出。


[ 書き下し文 ]

是に於いて張良軍門に至り、樊噲を見る。
ここいてちゃうりゃうぐんもんいた、はんくゎい

樊噲曰はく、「今日の事何如」と。
はんくゎいいはく、「けふこといかん」

良曰はく、「甚だ急なり。今者項荘剣を抜きて舞ふ。
りゃういはく、「はなはきふなり。いまかうさうけんきて

其の意常に沛公に在るなり」と。
いつねはいこうるなり

噲曰はく、「此れ迫れり。臣請ふ、入りて之と命を同じくせん」と。
くゎいいはく、「こせまれり。しんこ、いりてこれめいおなじくせん

噲即ち剣を帯び盾を擁して軍門に入る。
くゎいすなはけんたてようしてぐんもん

交戟の衛士、止めて内れざらんと欲す。
かうげきゑいし、とどめてれざらんとほっ

樊噲其の盾を側てて、以て衛士を撞きて地に仆す。
はんくゎいそたてそばだてて、もっゑいしきてたふ

噲遂に入り、帷を披きて西嚮して立ち、目を瞋らして項王を視る。
くゎいつひ、ゐひらきてせいきょうして、めいからしてかうわう

頭髪上指し、目眥尽く裂く。
とうはつじゃうし、もくしことごと

項王剣を按じて跽きて曰はく、「客何為る者ぞ」と。
かうわうけんあんじてひざまづきてはく、「かくなんすもの

張良曰はく、「沛公の参乗、樊噲といふ者なり」と。
ちゃうりゃういはく、「はいこうさんじょう、はんくゎいといふものなり

項王曰はく、「壮士なり、之に卮酒を賜へ」と。
かうわういはく、「さうしなり、これししゅたま。すなはとししゅあた

則ち斗卮酒を与ふ。噲拝謝して起ち、立ちながらにして之を飲む。
くゎいはいしゃして、たちながらにしてこれ

項王曰はく、「之に彘肩を賜へ」と。則ち一生彘肩を与ふ。
かうわういはく、「これていけんたま。すなはいつせいていけんあた

樊噲其の盾を地に覆せ、彘肩を上に加へ、剣を抜き、切りて之を啗ふ。
はんくゎいそたて、ていけんうへくは、けん、きりてこれくら

項王曰はく、「壮士なり、能く復た飲むか」と。
かうわういはく、「さうしなり、よむか

樊噲曰はく、「臣死すら且つ避けず、卮酒安くんぞ辞するに足らんや。
はんくゎいいはく、「しんしすらけず、ししゅいづくんぞするにらんや

夫れ秦王虎狼の心有り。人を殺すこと挙ぐる能はざるがごとく、
しんわうこらうこころあ。ひところすことぐるあたはざるがごとく

人を刑すること勝へざるを恐るるがごとし。天下皆之に叛く。
ひとけいすることへざるをおそるるがごとし。てんかみなこれそむ

懐王諸将と約して曰はく、
くゎいわうしょしゃうやくしてはく

『先に秦を破りて咸陽に入る者、之に王とせん』と。
『さきしんやぶりてかんやうるもの、これわうとせん

今、沛公先に秦を破りて咸陽に入る。毫毛も敢へて近づくる所有らず。
いま、はいこうさきしんやぶりてかんやう。がうまうへてちかづくるところあらず

宮室を封閉し、還りて覇上に軍し、以て大王の来たるを待てり。
きゅうしつふうへい、かへりてはじゃうぐん、もっだいわうたるをてり

故らに将を遣はし関を守らしめしは、他盗の出入と非常とに備へしなり。
ことさらにしゃうつかはしくゎんまもらしめしは、たたふしゅつにふひじゃうとにそなへしなり

労苦して功高きこと此くのごときに、未だ封侯の賞有らず。
らうくしてこうたかきことくのごときに、いまほうこうしゃうあらず

而も細説を聴きて、有功の人を誅せんと欲す。此れ亡秦の続きなるのみ。
しかさいせつきて、いうこうひとちゅうせんとほっ。こぼうしんつづきなるのみ

窃かに大王の為に取らざるなり」と。項王未だ以て応ふる有らず。
ひそかにだいわうためらざるなり。かうわういまもっこたふるらず

曰はく、「坐せよ」と。樊噲良に従ひて坐す。
はく、「ざせよ。はんくゎいりゃうしたがひて

坐すること須臾にして、沛公起ちて厠に如き、因りて樊噲を招きて出づ。
することしゅゆにして、はいこうたちてかはや、よりてはんくゎいまねきて


[ 現代語訳 ]

そこで張良は陣営の門に行って樊噲と会った。

樊噲が言った、「今日の会見はどんな様子ですか」と。

張良が言った、「すごく差し迫っている。今項荘が剣を抜いての舞っている。

その注意は常に沛公に向けられている」と。

樊噲が言った、「これは急を要する。中に入って生死をともにさせてもらいたい」と。

樊噲はすぐに剣を身につけ盾を持って陣営の門に入った。

戟を交差して門を守っていた兵士が中に入れまいとした。

樊噲はその盾を斜めに構えて突き、番兵を地面に倒した。

樊噲はそのまま中に入り、垂れ幕をまくって西向きに立ち、目をいからせて項羽を見た。

髪の毛は逆立ち、まなじりは裂けていた。

項羽は剣のつかに手をかけ膝をついて言った、「おまえは何者だ」と。

張良が答えた、「沛公に同乗する護衛、樊噲という者です」と。

項羽が言った、「勇ましい男だ。この者に大杯の酒を与えよ」と。

そこで一斗入りの大杯についだ酒を与えた。

樊噲はつつしんで礼を言って立ち、立ったままこれを飲んだ。

項羽が言った、「この者に豚の肩の肉を与えよ」と。

そこで一切れの生の豚の肩の肉を与えた。

樊噲はその盾を地面にふせ、豚の肩の肉をその上に置き、剣を抜いて切ってこれを食べた。

項羽が言った、「勇ましい男だ。さらに飲めるか」と。

樊噲が言った、「私は死ぬことさえも避けません。大杯の酒ぐらいどうして
辞退する必要がありましょうか。

そもそも秦王は残忍な心を持っていました。人を殺したのは数えきれないほどであり、

人を処刑したのは処理しきれないのを心配するほどです。天下の人は皆これにそむきました。

懐王は諸将と約束して言いました、

『先に秦を破って咸陽に入った者を、これの王にしよう』と。

今、沛公は先に秦を破って咸陽に入りました。

少しのものも決して自分のものにしませんでした。

宮殿を閉鎖し、引き返して覇上に陣をしき、そして大王の到着を待っていました。

わざわざ武将を派遣して関を守らせたのは、ほかの盗賊の出入りと非常事態とに
備えたのです。

苦労して功績が高いのはこのとおりですが、まだ諸侯に封じるという恩賞がありません。

それなのに取るに足りない言葉を聞きいれて、功績の有る人を殺そうとしています。

これでは滅んだ秦の二の舞を踏むだけです。恐れながら大王のために賛成しかねます」と。

項羽はまだ何とも答えなかった。言った、「座れ」と。

樊噲は張良にしたがって座った。

座ってからしばらくして、沛公は立ちあがって便所に行き、そして樊噲を招いて出ていった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用