TOP漢詩 ≫ 春夜宴桃李園序 (春夜桃李園に宴するの序) 書き下し文・現代語訳

 春夜宴桃李園序 (春夜桃李園に宴するの序) 書き下し文・現代語訳

春夜宴桃李園序 (春夜桃李園に宴するの序)

[ 原文 ]

夫天地者万物之逆旅、光陰者百代之過客。

而浮生若夢、為歓幾何。

古人秉燭夜遊、良有以也。

況陽春召我以煙景、

大塊仮我以文章。

会桃李之芳園、序天倫之楽事。

群季俊秀、皆爲恵連。

吾人詠歌、独慚康楽。

幽賞未已、高談転清。

開瓊筵以坐華、飛羽觴而酔月。

不有佳作、何伸雅懐。

如詩不成、罰依金谷酒数。


[ 書き下し文 ]

夫れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過客なり。
てんちばんぶつげきりょにして、こういんはくたいくゎかくなり

而して浮生は夢のごとし、歓を為すこと幾何ぞ。
しかうしてふせいゆめのごとし、くゎんすこといくばく

古人燭を秉りて夜遊ぶ、良に以有るなり。
こじんしょくりてよるあそ、まことゆゑあるなり

況んや陽春の我を召くに煙景を以てし、
いはんやようしゅんわれまねくにえんけいもってし

大塊の我に仮すに文章を以てするをや。
たいくゎいわれすにぶんしゃうもってするをや。                     

桃李の芳園に会し、天倫の楽事を序す。
たうりはうえんかい、てんりんらくじじょ

群季の俊秀は、皆恵連たり。
ぐんきしゅんしう、みなけいれんたり

吾人の詠歌は、独り康楽に慚づ。
ごじんえいか、ひとこうらく

幽賞未だ已まざるに、高談転た清し。
いうしゃういままざるに、かうだんうたきよ

瓊筵を開きて以て華に坐し、羽觴を飛ばして月に酔ふ。
けいえんひらきてもっはな、うしゃうばしてつき

佳作有らずんば、何ぞ雅懐を伸べん。
かさくあらずんば、なんがくゎいべん

如し詩成らずんば、罰は金谷の酒数に依らん。
しならずんば、ばつきんこくしゅすうらん


[ 現代語訳 ]

そもそも天地は万物の宿屋であり、月日は永遠の旅人である。

そして人生は夢のようなものである、よろこび楽しむ時間はどれほどだろうか。

昔の人は明かりを手に夜も遊んだが、ほんとうに理由があるのだ。

まして暖かな春の霞たなびく景色が私を招き、

造物主が私に詩文の才能を貸し与えてくれるのだから。

桃や李の花のかぐわしい香りのする庭園に集まり、兄弟たちの楽しい宴会をもよおす。

年下の秀才たちは、みな謝惠連と同等である。

私の作る詩文だけは、謝霊運に対して恥ずかしい。

静かに風景をほめ味わうことはまだ終わらず、高尚な話はますます清らかになる。

立派な宴席を開いて花の下に座り、盛んに杯のやりとりをして月光の中に酔う。

優れた作品が生まれなければ、どうして風雅な気持ちを述べることができようか。

もし詩が作れなければ、罰として金谷園の故事にならって酒三杯を飲ませよう。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用