TOP漢文 ≫ 鴻門之会・沛公、虎口を脱す 書き下し文・現代語訳

 鴻門之会・沛公、虎口を脱す 書き下し文・現代語訳

鴻門之会・沛公、虎口を脱す

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

鴻門之会・沛公虎口を脱す 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

沛公已出。

項王使都尉陳平召沛公。

沛公曰、「今者出、未辞也。

為之奈何。」

樊噲曰、「大行不顧細謹、

大礼不辞小讓。如今、人方為刀俎、

我為魚肉。何辞為。」

於是遂去。

乃令張良留謝。

良問曰、「大王来何操。」

曰、「我持白璧一双、欲献項王、

玉斗一双、欲与亜父、

会其怒、不敢献。

公為我献之。」

張良曰、「謹諾。」

当是時、項王軍在鴻門下、

沛公軍在霸上、相去四十里。

沛公則置車騎、脱身独騎、

与樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信等

四人持剣盾歩走、従驪山下、道芷陽間行。

沛公謂張良曰、「従此道至吾軍、

不過二十里耳。度我至軍中、公乃入。」

沛公已去、間至軍中。

張良入謝曰、「沛公不勝桮杓、不能辞。

謹使臣良奉白璧一双、再拝献大王足下、

玉斗一双、再拝奉大将軍足下。」

項王曰、「沛公安在。」

良曰、「聞大王有意督過之、

脱身独去、已至軍矣。」

項王則受璧、置之坐上。

亜父受玉斗、置之地、抜剣撞而破之曰、

「唉、豎子不足與謀。奪項王天下者、

必沛公也。吾属今為之虜矣。」

沛公至軍、立誅殺曹無傷。


[ 書き下し文 ]

沛公已に出づ。
はいこうすで

項王都尉陳平をして沛公を召さしむ。
かうわうとゐちんぺいをしてはいこうさしむ

沛公曰はく、「今者出づるに、未だ辞せざるなり。
はいこういはく、「いまいづるに、いませざるなり

之を為すこと奈何」と。
これすこといかん」

樊噲曰はく、「大行は細謹を顧みず、
はんくゎいいはく、「たいかうさいきんかへりみず

大礼は小讓を辞せず。如今、人は方に刀俎たり、
たいれいせうじゃうせず。いま、ひとまさたうそたり

我は魚肉たり。何ぞ辞することを為さん」と。
われぎょにくたり。なんすることをさん

是に於いて遂に去る。
ここいてつひ

乃ち張良をして留まり謝せしむ。
すなはちゃうりゃうをしてとどまりしゃせしむ

良問ひて曰はく、「大王来たるとき何をか操れる」と。
りゃうとひてはく、「だいわうきたるとき、なにをかれる

曰はく、「我白璧一双を持し、項王に献ぜんと欲し、
はく、「われはくへきいっさう、かうわうけんぜんとほっ

玉斗一双をば、亜父に与へんと欲せしも、
ぎょくといっさうをば、あほあたへんとほっせしも

其の怒りに会ひて、敢へて献ぜず。
いかりにひて、あへてけんぜず

公我が為に之を献ぜよ」と。
こうわためこれけんぜよ

張良曰はく、「謹みて諾す」と。
ちゃうりゃういはく、「つつしみてだく

是の時に当たり、項王の軍は鴻門の下に在り、
ときたり、かうわうぐんこうもんもと

沛公の軍は霸上に在り、相去ること四十里なり。
はいこうぐんはじゃう、あひさることしじふりなり

沛公則ち車騎を置き、身を脱して独り騎し、
はいこうすなはしゃき、みだっしてひと

樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信等四人の剣盾を持して
はんくゎい・かこうえい・きんきゃう・きしんらよにんけんじゅんして

歩走するものと、驪山の下より、芷陽に道して間行す。
ほそうするものと、りざんもとより、しやうみちしてかんかう

沛公張良に謂ひて曰はく、
はいこうちゃうりゃうひてはく

「此の道より吾が軍に至る、二十里に過ぎざるのみ。
「こみちよりぐんいた、にじふりぎざるのみ

我の軍中に至るを度り、公乃ち入れ」と。
われぐんちゅういたるをはか、こうすなは

沛公已に去り、間びて軍中に至る。
はいこうすで、しのびてぐんちゅういた

張良入りて謝して曰はく、
ちゃうりゃういりてしゃしてはく

「沛公桮杓に勝へず、辞する能はず。謹みて臣良をして
「はいこうはいしゃくへず、じするあたはず。つつしみてしんりゃうをして

白璧一双を奉じ、再拝して大王の足下に献じ、
はくへきいっさうほう、さいはいしてだいわうそっかけん

玉斗一双をば、再拝して大将軍の足下に奉ぜしむ」と。
ぎょくといっさうをば、さいはいしてだいしゃうぐんそっかほうぜしむ

項王曰はく、「沛公安くにか在る」と。
かうわういはく、「はいこういづくにか

良曰はく、「大王之を督過するに意有りと聞き、
りゃういはく、「だいわうこれとくくゎするにいありと

身を脱して独り去れり。已に軍に至らん」と。
だっしてひとれり。すでぐんいたらん

項王則ち璧を受け、之を坐上に置く。
かうわうすなはへき、これざじゃう

亜父玉斗を受け、之を地に置き、剣を抜き撞きて之を破りて曰はく、
あほぎょくと、これ、けんきてこれやぶりてはく

「唉、豎子与に謀るに足らず。
「ああ、じゅしともはかるにらず。かうわうてんかうばもの

項王の天下を奪ふ者は、必ず沛公ならん。吾が属今に之が虜と為らん」と。
かならはいこうならん。わぞくいまこれとりこらん

沛公軍に至り、立ちどころに曹無傷を誅殺す。
はいこうぐんいた、たちどころにさうむしゃうちゅうさつ


[ 現代語訳 ]

沛公はすでに出ていた。

項羽は都尉陳平に沛公を呼ばせた。

沛公が言った、「今、出るのに、まだ別れの挨拶をしていない。

これをどうしたらよいだろうか」と。

樊噲が言った、「大事を成すときに些細なことにかまっていられないし、

重大な礼の前では小さな礼譲など問題ではありません。

今、相手はちょうど包丁とまな板で、

こちらは魚や肉です。どうして別れの挨拶などしましょうか」と。

そこでそのまま立ち去った。

そして張良を留まらせて謝罪させた。

張良が尋ねて言った、「大王はおいでになるとき何をお持ちになりましたか」と。

言った、「私は白璧一対を持参して、項王に献上しようと思い、

玉斗一対を、亜父に与えようと思っていたが、

その怒りにあって、しいて献上しなかった。

あなたは私のためにこれを献上しなさい」と。

張良が言った、「謹んでお受けします」と。

この時点で、項羽の軍は鴻門のあたりにあり、

沛公の軍は覇上にあって、お互いの距離は四十里であった。

沛公は馬車と騎兵を留めておき、自分は脱け出して一人だけ馬に乗り、

樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信ら四人の剣と盾を持って徒歩で走る者と、

驪山のふもとから、芷陽を通ってひそかに近道を行った。

沛公が張良に向かって言った、

「この道を通ってわが軍に至るまで、ほんの二十里にすぎない。

私が軍中に到着するころあいを計って、あなたはそこで入りなさい」と。

沛公はすでに去って、こっそりと軍中に到着した。

張良が入って陳謝して言った、

「沛公はこれ以上酒が飲めないほど酔っていて、別れの挨拶もできません。

謹んで私張良に対して、白璧一対をささげて丁寧に拝礼して大王のおそばに献上し、

玉斗一対を丁寧に拝礼して大将軍のおそばにささげなさいと命じました」と。

項王が言った、「沛公はどこにいるのか」と。

良が言った、「大王には沛公の過失をとがめる意志があると聞き、

脱け出して一人で帰りました。すでに軍に到着したでしょう」と。

項王は璧を受け取って、これを席上に置いた。

亜父は玉斗を受け取って、これを地上に置き、剣を抜いて突き破壊して言った、

「ああ、小僧、一緒にはかりごとをするには不十分だ。

項王の天下を奪う者は、必ず沛公だろう。

わが一族は今にこれの捕虜にされてしまうだろう」と。

沛公は軍に到着して、ただちに曹無傷の罪をとがめて殺した。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用