TOP漢文 ≫ 漁父辞 (楚辞) 書き下し文・現代語訳

 漁父辞 (楚辞) 書き下し文・現代語訳

漁父辞 (楚辞)

[ 原文 ]

屈原既放、遊於江潭、行吟沢畔。

顔色憔悴、形容枯槁。漁父見而問之曰、

「子非三閭大夫與何故至於斯。」

屈原曰、「擧世皆濁、我獨清。

衆人皆醉我獨醒。是以見放。」

漁父曰、「聖人不凝滯於物、而能與世推移。

世人皆濁、何不淈其泥而揚其波。

衆人皆醉、何不餔其糟而歠其醨。

何故深思高擧、自令放爲。」

屈原曰、「我聞之、『新沐者必彈冠、

新浴者必振衣。』

安能以身之察察、受物汶汶者乎。

寧赴湘流、葬於江魚之腹中、

安能以皓皓之白、而蒙世俗之塵埃乎。」

漁父莞爾而笑、鼓枻而去、乃歌曰、

  滄浪之水清兮

  可以濯吾纓

  滄浪之水濁兮

  可以濯吾足

遂去、不復與言。


[ 書き下し文 ]

屈原既に放たれて、江潭に遊び、行沢畔に吟ず。
くつげんすではなたれて、かうたんあそ、ゆくゆくたくはんぎん

顔色憔悴し、形容枯槁す。漁父見て之に問ひて曰はく、
がんしょくせうすゐ、けいようこかう。ぎょほみこれひてはく

「子は三閭大夫に非ずや。何の故に斯に至るや」と。
「しさんりょたいふあらずや。なんゆゑここいたるや

屈原曰はく、「世を挙げて皆濁り、我独り清めり。
くつげんいはく、「よげてみなにご、われひとめり

衆人皆酔ひ、我独り醒めたり。是を以て放たる」と。
しゅうじんみなゑ、われひとめたり。ここもっはなたる

漁父曰はく、「聖人は物に凝滞せずして、能く世と推移す。
ぎょほいはく、「せいじんものぎょうたいせずして、よすいい

世人皆濁らば、何ぞ其の泥を淈して其の波を揚げざる。
せじんみなにごらば、なんどろにごしてなみげざる

衆人皆酔はば、何ぞ其の糟を餔らひて其の醨を歠らざる。
しゅうじんみなゑはば、なんかすらひてすすらざる

何の故に深く思ひ高く挙がりて、自ら放たれしむるを為す」と。
なんゆゑふかおもたかがりて、みづかはなたれしむるを

屈原曰はく、「我之を聞く、『新たに沐する者は必ず冠を弾き、
くつげんいはく、「われこれ、『あらたにもくするものかならかんむりはじ

新たに浴する者は必ず衣を振るふ』と。
あらたによくするものかならころもるふ

安くんぞ能く身の察察たるを以て、物の汶汶たる者を受けんや。
いづくんぞさっさつたるをもっ、ものもんもんたるものけんや

寧ろ湘流に赴きて、江魚の腹中に葬らるとも、
むししゃうりうおもむきて、かうぎょふくちゅうはうむらるとも

安くんぞ能く皓皓の白を以て、世俗の塵埃を蒙らんや」と。
いづくんぞこうこうはくもっ、せぞくぢんあいかうむらんや

漁父莞爾として笑ひ、枻を鼓して去り、乃ち歌って曰はく、
ぎょほくゎんじとしてわら、えいして、すなはうたってはく

  滄浪の水清まば
  さうらうみずすまば

  以て吾が纓を濯ふべし
  もっえいあらふべし 

  滄浪の水濁らば
  さうらうみずにごらば

  以て吾が足を濯ふべし
  もっあしあらふべし 

遂に去って、復た与に言はず。
つひって、まともはず


[ 現代語訳 ]

屈原は追放されて、川の淵をさまよい、歩きながら沢のほとりで歌を口ずさんでいた。

顔つきはやつれはて、姿かたちは痩せ衰えている。漁師が見て彼に尋ねて言った、

「あなたは三閭大夫ではありませんか。どうしてこのような境遇になったのですか」と。

屈原が言った、「世の中の人は残らず濁っていて、私独りが清らかである。

大勢の人は皆酔っていて、私独りがさめている。それゆえ追放されたのだ」と。

漁師が言った、「聖人は物事にこだわらないで、世の中の動きに合わせることができます。

世の中の人が皆濁っているのなら、なぜ泥をかき混ぜて波を立てないのですか。

大勢の人が皆酔っているのなら、なぜその酒かすを食べその薄い酒を飲まないのですか。

どうして深刻に思い悩み高潔に振舞って、自分から追放されるようなことをするのですか」と。

屈原が言った、「私はこう聞いている、『髪を洗ったばかりの者は必ず冠を払ってかぶり、

入浴したばかりの者は必ず衣服を振るって着る』と。

どうして潔白な身に、汚れたものを受け入れることができるだろうか。

いっそ湘江の流れに行って、川魚の腹の中に葬られても、

どうして潔白な身に、俗世間の汚れをかぶることができるだろうか」と。

老漁師はにっこり笑い、大きな音をたてて櫂を漕いで去っていき、そして歌って言った、

  滄浪の水が澄んでいれば

  私に冠の紐を洗えばいい

  滄浪の水が濁っていれば

  私の足を洗えばいい

そのまま去って、二度と語り合わなかった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用