TOP漢文 ≫ 四面楚歌・項王の最期 書き下し文・現代語訳

 四面楚歌・項王の最期 書き下し文・現代語訳

四面楚歌・項王自刎

・ ホームページでブログの内容を補充しています。

項王の最後 現代語訳・書き下し文

(縦書き、語句・句法の説明)

[ 原文 ]

於是項王乃欲東渡烏江。烏江亭長、檥船待。

謂項王曰、「江東雖小、地方千里、衆数十万人、亦足王也。

願大王急渡。今独臣有船。漢軍至、無以渡。」

項王笑曰、「天之亡我、我何渡為。且籍与江東子弟八千人渡江而西。

今無一人還。縦江東父兄憐而王我、我何面目見之。

縦彼不言、籍独不愧於心乎。」

乃謂亭長曰、「吾知公長者。吾騎此馬五歳、所当無敵。

嘗一日行千里。不忍殺之。以賜公。」

乃令騎皆下馬歩行、持短兵接戦。独籍所殺漢軍数百人。

項王身亦被十余創。顧見漢騎司馬呂馬童。

曰、「若非吾故人乎。」馬童面之、指王翳曰、「此項王也。」

項王乃曰、「吾聞漢購我頭千金・邑万戸。吾為若徳。」乃自刎而死。


[ 書き下し文 ]

是に於いて項王乃ち東のかた烏江を渡らんと欲す。
ここいてかうわうすなはひがしのかたうかうわたらんとほっ。 

烏江の亭長、船を檥して待つ。項王に謂ひて曰はく、
うかうていちゃう、ふねして。かうわうひてはく、 

「江東小なりと雖も、地は方千里、衆は数十万人、
「かうとうせうなりといへど、ちはうせんり、しゅうすうじふまんにん、 

亦王たるに足るなり。願はくは大王急ぎ渡れ。
またわうたるにるなり。ねがはくはだいわういそわた。  

今独り臣のみ船有り。漢軍至るも、以て渡る無からん」と。
いまひとしんのみふねあ。かんぐんいたるも、もっわたからん。 

項王笑ひて曰はく、「天の我を亡ぼすに、我何ぞ渡るを為さん。
かうわうわらひてはく、「てんわれほろぼすに、われなんわたるをさん。 

且つ籍江東の子弟八千人と江を渡りて西せり。
せきかうとうしていはっせんにんかうわたりてにしせり。 

今一人の還るもの無し。縦ひ江東の父兄憐れみて我を王とすとも、
いまひとりかへるもの。たとかうとうふけいあはれみてわれわうとすとも、 

我何の面目ありてか之に見えん。
われなんめんぼくありてかこれまみえん

縦ひ彼言はずとも、籍独り心に愧ぢざらんや」と。
たとかれいはずとも、せきひとこころぢざらんや。 

乃ち亭長に謂ひて曰はく、「吾公の長者なるを知る。
すなはていちゃうひてはく、「われこうちゃうしやなるを。 

吾此の馬に騎すること五歳、当たる所敵無し。嘗て一日に
われこうますることごさい、あたるところてきな。かっいちにち 

千里を行けり。之を殺すに忍びず。以て公に賜はん」と。
せんりけり。これころすにしのびず。もっこうたまはん。  

乃ち騎をして皆馬を下りて歩行せしめ、短兵を持ちて接戦す。
すなはをしてみなうまくだりてほかうせしめ、たいぺいちてせっせん。 

独り籍の殺す所の漢軍数百人なり。
ひとせきころところかんぐんすうひゃくにんなり。 

項王の身も亦十余創を被る。
かうわうまたじふよさうかうむ。 

顧みて漢の騎司馬呂馬童を見て曰はく、「若は吾が故人に非ずや」と。
かへりみてかんきしばりょばどうはく、「なんぢこじんあらずや。 

馬童之に面し、王翳に指して曰はく、「此れ項王なり」と。
ばどうこれめん、わうえいしてはく、「こかうわうなり。 

項王乃ち曰はく、「吾聞く、漢我が頭を千金・邑万戸に購ふと。
かうわうすなははく、「われき、かんわかうべせんきん・いふばんこあがなふと

吾若の為に徳させん」と。乃ち自刎して死す。
われなんぢためとくさせん。すなはじふんして


[ 現代語訳 ]

そこで項王は東進して烏江から揚子江を渡ろうとした。

烏江の亭長が船の準備をして待っていた。項王に対して言った、

「江東は狭小ですが、土地は千里四方あり、人口は数十万人いますから、

王となるのに十分な所です。お願いですから、大王さま、急いで渡って下さい。

今、私だけが船を持っています。漢軍が到着しても、渡ることができないでしょう」と。

項王が笑って言った、「天が私を滅ぼすのに、私はどうして渡ったりするだろうか。

そのうえ、私は江東の若者八千人と江を渡って西に向かったが、

今、一人も生きて還った者がいない。たとえ江東の父兄が憐れんで私を王にしても、

私はどんな面目があって彼らにお会いするのか。

たとえ彼らが何も言わなくても、私だけはその良心に恥じないだろうか」と。

そして亭長に対して言った、「私にはあなたが徳の高い人だということがわかった。

私はこの馬に五年も乗ったが、どんな相手にも負けなかった。かって一日に千里を走った。

これを殺すのは忍びない。それであなたに差し上げよう」と。

そこで騎兵を皆馬から下ろして歩行させ、短い武器を持って接近戦をした。

項王ひとりで殺した漢兵は数百人にのぼった。項王もまた体に十余りの傷を負った。

振り返って漢の騎兵隊長の呂馬童を見て言った、「お前は私の知り合いではないか」と。

呂馬童は顔をそむけ、王翳に指さして言った、「これが項王だ」と。

項王がそこで言った、「私は聞いている、漢が私の頭に賞金千金と一万戸の町を提供すると。

私はお前のために恩恵を施そう」と。そして項王は自分で首を切って死んだ。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用