TOP公立高校 入試問題 ≫ 千葉県 公立高校 入試問題

 千葉県 公立高校 入試問題

徒然草 「くらき人の」 193段 原文・現代語訳

[ 原文 ]

くらき人の、人をはかりて、その智を知れりと思はん、さらに当るべからず。

つたなき人の、碁うつ事ばかりにさとく巧みなるは、かしこき人の、

この芸におろかなるを見て、おのれが智に及ばずと定めて、よろづの道の匠、

わが道を人の知らざるを見て、おのれすぐれたりと思はん事、大きなる誤りなるべし。

文字の法師、暗証の禅師、たがひにはかりて、己れにしかずと思へる、ともに当たらず。

おのれが境界にあらざるものをば、争ふべからず、是非すべからず。


[ 現代語訳 ]

道理に暗い人が、他人を推し測って、その知性のほどがわかったと思っても、

決して当たるはずがない。

愚かな人で、碁を打つことばかりに頭がはたらいて上手な人が、賢い人で、

この芸に下手である人を見て、自分の知性に及ばないと決めたり、いろんな道の職人が、

自分の専門のことを人が知らないのを見て、自分のほうが優れていると思うのは、

大きな誤りである。経典を研究する法師、座禅を実践する禅僧が、互いに推測して、

自分に及ばないと思うのは、どちらも間違っている。

自分の専門分野でないものは、争ってはいけないし、是非を論じてもいけない。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用