TOP宇治拾遺物語 ≫ 宇治拾遺物語「検非違使忠明」 原文・現代語訳

 宇治拾遺物語「検非違使忠明」 原文・現代語訳

宇治拾遺物語「検非違使忠明」

[ 原文 ]

これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。

それが若かりける時、清水の橋のもとにて、京童部どもといさかひをしけり。

京童部、手ごとに刀を抜きて、忠明をたちこめて、殺さむとしければ、

忠明も太刀を抜きて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにもあまた立ちて、

向かひあひたれば、内へ逃げて、蔀のもとを脇にはさみて、前の谷へをどり落つ。

蔀、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちにければ、

それより逃げて去にけり。

京童部ども、谷を見おろして、あさましがりて、立ち並みて見けれども、

すべきやうもなくて、やみにけりとなむ。


[ 現代語訳 ]

これも今となっては昔のことだが、忠明という検非違使がいた。

その人が若かった時、清水寺の橋のあたりで、京の若者たちとけんかをした。

京の若者たちは、手に手に刀を抜いて、忠明を取り囲んで、殺そうとしたので、

忠明も太刀を抜いて、本堂の方に上ると、本堂の東の端にもたくさん立っていて、

向かいあったので、内側に逃げて、蔀戸の下の方を脇にはさんで、前の谷に飛びこんだ。

蔀戸が、風に押し返されて、谷の底に鳥が止まるように、静かに降りたので、

そこから逃げて行った。

京の若者たちは、谷を見下ろして、驚きあきれて、立ち並んで見ていたが、

どうしようもなくて、そのまま終わってしまったということだ。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用