TOP漢詩 ≫ 静夜思 (李白) 書き下し文・現代語訳

 静夜思 (李白) 書き下し文・現代語訳

静夜思 (李白)

[ 原文 ]

牀 前 看 月 光

疑 是 地 上 霜

挙 頭 望 山 月

低 頭 思 故 郷


[ 書き下し文 ]

牀前月光を看る
しゃうぜんげっくゎう

疑ふらくは是れ地上の霜かと
うたがふらくはちじゃうしもかと

頭を挙げて山月を望み
かうべげてさんげつのぞ

頭を低れて故郷を思ふ
かうべれてこきゃうおも


[ 現代語訳 ]

寝床の前に月の光が降り注いでいる。

地面に降った霜かと疑われるほど白い。

頭をあげて山の端にある月をながめ、

うなだれて故郷をしのぶのであった。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用