TOP麻布中学校 ≫ 鹿柴 (王維) 書き下し文・現代語訳

 鹿柴 (王維) 書き下し文・現代語訳

鹿柴 (王維)

[ 原文 ]

空 山 不 見 人

但 聞 人 語 響

返 景 入 深 林

復 照 青 苔 上


[ 書き下し文 ]

空山人を見ず
くうざんひと

但だ人語の響きを聞くのみ
じんごひびきをくのみ

返景深林に入り
へんけいしんりん

復た照らす青苔の上
らすせいたいうへ


[ 現代語訳 ]

人気のない寂しい山には人影が見あたらない。

ただ人の話し声が聞こえてくるだけである。

夕日の照り返しが深い林の奥まで射し込んで

緑色の苔の上を照らしている。



関連記事
Trackback

Trackback URL

スワップ金利を利用